Amebaニュース

アスメック、テーブル上にAndroidを投影してタッチ操作できるプロジェクターを発売

6/19(月) 20:10

提供:
Android搭載 レーザータッチプロジェクター アスメック株式会社は、さまざまな場所に投写し、タッチ操作ができる「Android搭載 レーザータッチプロジェクター」を6月下旬に発売すると発表した。 同製品は、テーブル上にAndroidの画面を投影し、その映像を指でタッチ操作することで、タブレットやスマートフォンと同様にアプリを操作できるプロジェクターで、ゲームやプレゼンテーションを複数の人で共有できる。

タッチ可能な最大投影サイズは、指では15インチ、ペンでは150インチ。ワンキー動作で自動補正と自動キャリブレーション(色調整)、台形補正なども可能。明るさは250ルーメン。容量13600mAhのバッテリーを内蔵し、ポータブルプロジェクターとしても利用できる。4K画像や3D映像に対応するほか、MiracastやAirplayにも対応している。 アスメック株式会社
価格:95000円(税抜)
URL:http://asmec-store.com/
2017/06/19
▷こちらもおすすめ
あっ!と驚くAdobeのツール系 スマホアプリ【まとめ編】   ZBrushフィギュア制作の教科書   プレゼンだけでなく、コンセプトづくりのアイデアも。ブランディングの現場を支える「Adobe Stock」の魅力  
■関連記事
18cmの小型ボディながらハイパフォーマンス実現のウルトラモバイルPC「GPD Pocket」 (2017.6.19)
マウス、乃木坂46が出演する新TVCMの公開記念で約4万円からの15.6型ノートPCを発売 (2017.6.19)
スマホで開閉できる自転車ロック「ELLIPSE」、Maluakeで先行予約を開始 (2017.6.19)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ