Amebaニュース

【独占記事】映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』のリメイク版、映画『フライト・ゲーム』の脚本家が手掛ける

5/19(金) 21:00



スタジオカナル、ザ・ピクチャー・カンパニー、オンブラ・フィルムズがジョニー・トー監督の中国犯罪スリラー映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』の英語版リメイク作品を開発中だ。

ザ・ピクチャー・カンパニーのアンドリュー・ローナとアレックス・ハインマンがオンブラ・フィルムズのフアン・ソラとジャウマ・コレット=セラと共にプロデュースする。ヴァーティゴ・エンターテイメントのロイ・リーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。監督はまだ決まっていない。

リーアム・ニーソン主演の2014年のアクション・スリラー映画『フライト・ゲーム』の脚本を手掛けたライアン・イングルが同作の脚本を手掛ける。『フライト・ゲーム』はスタジカナルとザ・ピクチャー・カンパニーがプロデュースし、コレット=セラが監督を務めた。イングルは、現在製作中のドウェイン・ジョンソン主演のニューラインによるアクション・ファンタジー映画『Rampage(原題)』の脚本を執筆した。

『ドラッグ・ウォー 毒戦』は、警察の捜査で逮捕されたマヌケな売人が、入所を逃れるために情報提供者となる。そして、密告者から重要なスパイとなる悲惨な旅を描く。オリジナル版はトーが監督を務め、スン・ホンレイが警部、ルイス・クーが逮捕された男を演じた。

『ドラッグ・ウォー 毒戦』は2012年のローマ国際映画祭で公開した。また、2014年の中国映画メディア大賞で作品賞を受賞した。

フレデリック・ツイがメディア・アジアと契約を取りまとめ、また北京ハイルン・ピクチャーズの代理人を担っている。ロン・ハルパーンとシャナ・エディーがスタジオカナルの監修を担う。

イングルは、オリジナル・アーティスツ、モザイクのマイケル・ラスカー、マックイン・フランケル・ホワイトヘッドと代理人契約を結んでいる。



ガジェット通信

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ