Amebaニュース

GACKT、静岡の中学校で恒例の卒業式サプライズライブ 「あっという間に11年が経ってる」

3/20(月) 18:18

提供:
 ミュージシャンのGACKTさんが3月19日、静岡の三島市立中郷西中学校で卒業式サプライズライブを行ったことをSNS上で報告しました。

【拡大画像や他の画像】

 卒業式会場に現れたGACKTさんは、驚きを隠せない生徒たちの間を抜けてステージに登壇。会場の興奮が収まるのを待つ間、生徒1人1人の顔を見渡し、少し話をした後、1年に一度しか歌わない「野に咲く花のように」を歌いました。

 歌の後、GACKTさんは生徒たちに「夢は見るものじゃない。夢は叶えるもの。そして夢を叶えること。それは強い意志を貫くこと」とメッセージを贈ると、その言葉に感極まり、涙する生徒も多く見られたようです。

 GACKTさんは以前、この活動を始めたきっかけをブログにつづっていました。

 GACKTさんが担当するラジオ番組に送られてきた一通の手紙。そこには、所属学部の消滅を憂う高校生から、学部がなくならないように応援してほしいとの願いが書かれていました。GACKTさんは、応援したとしても一時的にその学部の人気が上がるだけだとして、あえて厳しい言葉で突き離しつつも、「もし、オマエたちの頑張りで、翌年の新入生の定員をオーバーすることがあれば、ボクがオマエの卒業式に花を添えてやる」と条件付きでの協力を約束しました。

 結果的にその高校生は仲間の協力を得て、定員割れを見事に止めただけでなく、定員を超える志望者を集めることに成功。GACKTさんは約束を果たすべく、「野に咲く花のように」と題した曲を書き下ろし、サプライズライブを実施することに。それ以来、毎年、各地の学校で卒業式サプライズライブを開くようになりました。

 このサプライズライブについては、「ボクがやりたいからやってる」という理由から“エゴ”と表現していたGACKTさん。しかし、こんなエゴなら生徒も先生も大歓迎なはず。来年はどこの学校にサプライズを届けてくれるのでしょうか。

 また、GACKTさんは、この活動にかけた思いを次のように語っています。

卒業式は全国で同日に行われるため 毎年、一校だけのイベントとなるが こうやって未来を歩く生徒たちに想いを届け ほんの少しだけ彼らの背中を押すことを ボクの影響力が少しでもあるうちは頑張って続けようと11年前に決めた。気がつけば あっという間に11年が経ってる。

画像は【GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載】


【関連記事】
卒業式で歌うのはボクの“エゴ” GACKTが自費で続けるサプライズライブの真意を語る
GACKTさんかっけぇ……! ネスレ日本と協同で被災地支援 コラボ商品の売り上げを全額寄付へ
GACKT、ポーカー大会「APT2017」で決勝戦に進出 プロ相手に7位入賞し賞金約94万円を獲得する
「ボクを巻き込むな!」 GACKT、週刊文春の「元愛人」報道に苦言
ねとらぼ

関連キーワード

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ