Amebaニュース

21度目出場の報徳学園が21世紀枠の多治見に21安打21得点で勝利 センバツ高校野球で起きた「21」並びの奇跡

3/20(月) 16:00

提供:
 第89回センバツ高校野球大会第2日に行われた報徳学園(兵庫)と多治見(岐阜)との試合で21対0で報徳学園が勝利した。

【拡大画像や他の画像】

 3年ぶり21度目の出場となる報徳学園が21世紀枠で出場した多治見に対して21安打21得点で圧勝すると、ネットではこの「21」という数字に注目が集まった。12時10分に試合開始し、14時10分(午後2時10分)に試合終了、しかも多治見は21画数で野球部の創立は1946年(昭和21年)、岐阜県の都道府県コードが21とまだまだ続く。完全に21を探すゲームのようになっているが、これだけ並ぶと21になにかしら運命を感じてしまうから不思議である。

 このセンバツで起きた21並び、こじつけと思うか奇跡と思うかはあなた次第。なお、報徳学園は同じく20日第3試合で21世紀枠で出場した中村(高知)に勝利した前橋育英(群馬)と当たる。


【関連記事】
奇跡の遭遇……! 失踪していた猫が約2週間後に「ポケモンGO」きっかけで見つかる
くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は0.0000000000000000000000000000001%以下
29年前のバックアップ電池が生きていた! 「ドラクエIII」会心のセーブデータが生存確認
春のセンバツ高校野球がTwitterでライブ配信 初戦「履正社VS日大三高」と決勝戦の2試合
ねとらぼ

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ