Amebaニュース

国内外から若手写真家の作品158点が集まった展覧会「2016年度ヤング・ポートフォリオ」

3/20(月) 10:15

提供:
アル・ラプコフスキー「I need more Lego(もっとレゴがほしい)」
2016(C)Al Lapkovski 2017年3月18日(土)から6月18日(日)まで、清里フォトアートミュージアムにて「2016年度ヤング・ポートフォリオ(YP2016)」が開催されている。世界中で活躍する若手写真家の作品が募集され、厳正な選考を経て清里フォトアートミュージアムが2016年度に購入した158点の写真を展示。休館日は毎週火曜で、5月2日(火)は特別に開館となる。時間は10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)で、入館料は一般800円 / 学生600円 / 中学・高校生400円 / 友の会 会員は無料。 清里フォトアートミュージアムの「ヤング・ポートフォリオ」は、毎年35歳以下を対象に公募を行い、選考の後に優れた作品をパーマネント・コレクションとして購入することで、世界の若手写真家を支援する活動だ。通常、コンテストの入賞は1回限りであることも多いが、「ヤング・ポートフォリオ」では年齢制限内であれば何度も応募が可能。作家の世界観を表現するポートフォリオ(作品集)となるように、1枚だけでなく複数の写真を収蔵することを特徴としている。 第22回目の開催となる2016年度は、世界26カ国の205人の応募者から5123点の作品が寄せられた。本展では、それら全ての作品が展示され、選考委員3人(張照堂氏 / 北島敬三氏 / 細江英公氏)の初期作品5点ずつも同時に展示される。なお、次回の「2017年度ヤング・ポートフォリオ(第23回)」の開催に向けた作品募集は、2017年4月15日(土)から開始予定。 チェン・ヤンチェン「離家 #8(Leave Home #8)」 2014(C)CHEN Yan-Chengチェン・ヤンチェン「離家 #8(Leave Home #8)」
2014(C)CHEN Yan-Cheng トキタシオン「wrap,2015」 (C)TOKITA Shion トキタシオントキタシオン「wrap,2015」
(C)TOKITA Shion トキタシオン イーダ・ターヴィツァイネン「Lisbet IV(リスベット IV)」 2013(C)Ida TAAVITSAINENイーダ・ターヴィツァイネン「Lisbet IV(リスベット IV)」
2013(C)Ida TAAVITSAINEN ■期間:
2017年3月18日(土)~6月18日(日)

■開催場所:
清里フォトアートミュージアム
山梨県北杜市高根町清里3545-1222

■問い合わせ先:
清里フォトアートミュージアム
tel. 0551-48-5599(代表)
url. http://www.kmopa.com/
■関連記事
建物に滝をプロジェクションマッピングした新作が常設展示される「チームラボ 徳島県文化の森」 (2017.3.20)
木にアクリル絵具で制作した作品が発表されるmoki氏の個展「暗がりでシェルターを探す」 (2017.3.19)
星景撮影の経験と夜景撮影の技術による片山絢氏の星夜景写真展「color color twinkle」 (2017.3.19)
江戸の美意識に西洋感覚を融合させた花鳥画家の回顧展「蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭」展 (2017.3.19)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ