Amebaニュース

こいつらヤバ!! 数年後、「別れを選ぶ」夫婦の特徴5つ

1/10(火) 11:01

身近な他人夫婦を見ていると、期せずして「離婚の気配」を感じとってしまうこともあります。多くの場合においては、夫婦の努力で離婚は回避できるはず。しかし中には、実際に離婚してしまう夫婦もいますよね。あなたには「離婚しそうだな」と思っていたら、本当に離婚してしまった夫婦を見た経験はありますか?

■浮気癖

・「浮気を繰り返していて、奥さんは気づいてないよって言ってた友だち。気づいてないわけがない」(34歳女性/機械・精密機器/営業職)

・「夫のほうが浮気症だった夫婦は妻の気持ちが冷めた途端離婚した」(31歳女性/その他/その他)

・「結婚前から夫は浮気症だったが、結婚しても浮気は直らず、離婚した」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

パートナーの浮気が発覚した瞬間、「離婚」の二文字が頭をよぎる方は多いはずです。実際に離婚するためには、かなりの労力が必要です。しかしそれ以上に「結婚生活を維持するほうがつらい」と思ってしまったら……離婚は回避不可能でしょう。

■出産がきっかけで

・「出産で実家に帰った友人。出産後もすぐ職場復帰して働き、実家からのほうが職場に近いのと子どもを見てもらえるため、そのまま実家にいた。旦那さんはほとんど会いにも行かず、しまいには嘘をついて遊びに行ったり。案の定離婚してしまった」(32歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもが生まれてから『妻が子どもばかり構うからつまらない』と言っていたやつが、早々に不倫をして離婚した」(27歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

子どもができ、生まれ、育てていく過程は、夫婦にとってとても幸せな時間です。しかし一方で、「夫婦の生活」から「家族での生活」への強制移行にうまく対応できない人もいます。夫婦どちらとも、不満は早めに伝えるべきですよ。

■本音を見せられない夫婦

・「奥さんがいつも仕事でカリカリして、帰りが遅かった夫婦。正直、リラックスできないだろうなと思った」(28歳女性/情報・IT/営業職)

・「相手に気を使いすぎて、すべてをさらけ出さずに結婚した夫婦」(32歳女性/金融・証券/販売職・サービス系)

家でリラックスできないのは、非常につらいところです。「きっとその内なんとかなる」という思いで結婚に踏み切ったのでしょうが、見込み違いということもあるよう。こんな夫婦は少し離れていたほうが、お互いにうまくやれるのかもしれませんね。

■お金の問題

・「借金がたくさんあり、ケンカもよくしていて家にあまり帰って来なかった夫婦」(29歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「夫が勝手に転職して給料も下がって家計が苦しく追い込まれた」(32歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「家計を管理している夫がギャンブルで貯蓄を食いつぶしていたこと」(31歳男性/生保・損保/営業職)

愛だけでは到底乗り越えられないのが、お金に関する問題です。「金の切れ目が縁の切れ目」と切り捨てるのも寂しいですが、生活できなければどうにもなりません。金銭感覚の違いや家計に問題が見つかったら、早めに対処するのがオススメです。

■本気の愚痴

・「奥さんが夫のあらゆるところを本気でイヤがっていた夫婦」(31歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「いつも相手の悪口ばかりを言っていたので、仲がよくないのかなと思っていたらやはり離婚した」(34歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

夫婦生活を送る上で、時には愚痴を言いたくなることもあるでしょう。しかし「どれだけ話してもとまらない」「嫌悪感があふれ出ている」場合には、自身の感情をコントロールできなくなっている可能性も大。離婚しないまま一緒にいても、決して幸せにはなれないでしょう。

■まとめ

男女ともに、他人の離婚危機を感じとるきっかけは「浮気」。そして現実に、その後離婚をしてしまう夫婦も多いと言えそうです。離婚危機を迎えたくなければ、どんなに誘惑されても、浮気だけはやめておいたほうがよさそうですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ

調査日時:2016年9月2日~9月3日

調査人数:428人(22歳~34歳の男女)

関連リンク
当たりすぎて怖い! ジョニー楓の週間恋愛占い
どんな男性に選ばれる!? 「未来の旦那様像」診断
仲の良い夫婦が絶対にしないこと6つ
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ