Amebaニュース

居酒屋甲子園日本一のイタリアンレストランが銀座にオープン

10/3(月) 19:01

提供:
 イタリアンレストランながら2015年の「居酒屋甲子園」で日本一に輝いた、「燕三条イタリアンBit」の銀座店が10月3日オープンした。2015年の居酒屋甲子園第10回大会は1482店舗がエントリーし、同店は「地元の工芸品を使って試せる店」というコンセプトや、接客、料理の質などを総合的に評価され優勝。同コンセプトの店舗を銀座でも展開する。

【画像】無形文化財の伝統工芸品「鎚起銅器」の食器

 「燕三条イタリアンBit」は高級箸「マルナオ」、世界で知られるアウトドアギアメーカー「スノーピーク」のコロダッチオーブン、無形文化財の伝統工芸品「玉川堂」の1点ものの鎚起銅器の食器を利用するなど、地元の新潟県燕市・三条市の特産品を活用。レストランでありながら「地元のPR×イタリア料理」を行っているのが特徴。

 9月末に行われた銀座店のオープニングレセプションには、新潟県三条市長の国定勇人氏、燕市長の鈴木力氏、スノーピーク社長山井太氏らが駆けつけ、激励メッセージを贈った。燕三条イタリアンBit秋山武士シェフは「燕三条の製品を実際に使って試せる、燕三条に行きたくなる店というコンセプトは銀座店でも変わりません。銀座から新潟へ送客していきたい」と決意を表した。

 魚沼産コシヒカリを使用した贅沢な卵かけごはん「オータムトリュフとフォアグラの卵かけごはん」(1合3218円※トリュフの仕入れ値により価格変更可能性あり)など、銀座店のオリジナルメニューも用意する。アンテナショップとしてのレストランという新たな取り組みが銀座から広がっていくか注目したい。

「燕三条イタリアンBit」
東京都中央区銀座7-8-8 CSSビル3階
電話03-3573-6560
営業時間11:30~15:00(14時LO)、17:30~23:00(22時LO)
定休日:日曜・祝日


【関連記事】
<インタビュー>山田孝之「失敗は考えるチャンス。悩む時間がもったいない」
<特集>飯の花形・肉レストラン
<特集>米にこだわる、男の“めしとも”
<インタビュー>唐沢寿明「自分を変え続ける」
<インタビュー>ORANGE RANGE 無駄を削ぎ落とし磨く「個性」
ORICON NEWS

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ