Amebaニュース

大野将平、柔道・金メダルで変わった周囲の変化を告白

9/24(土) 13:00

リオオリンピックで、史上初の全7階級制覇を成し遂げた男子柔道の大野将平(73kg級金メダル)、羽賀龍之介(100kg級銅メダル)、高藤直寿(60kg級銅メダル)が、9月25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系、毎週日曜7:00)にゲスト出演。リオでの激闘を振り返る。

その圧倒的強さで世界から“サムライ”と賞賛された大野が、メダルへの尋常ではないプレッシャーを明かす。また、オリンピックが終わり、金メダルを持ち帰ると周囲の待遇が変わったという体験談を披露する。

準決勝で敗れ3位決定戦に回った羽賀は、金メダルを逃し、ふて腐れていた時、井上康生監督から言われた“一言”を告白。驚きのメダル獲得秘話が飛び出す。そして、3人のうち唯一の既婚者である高藤は、家族を背負うプレッシャーと、2014年に規律違反で降格した挫折からの復活について語る。家庭では犬よりも下の立場(!?)というメダリストの意外な私生活も明かされる。

そんな3人が次に目指すのは2020年東京オリンピック。自国開催ということで、かつてないプレッシャーがのしかかるのは想像に難くない。東京大会への思いを語り合う。

関連リンク
KABA.ちゃん、性別変更後テレビ初出演で“新しい名前”を公開

三浦春馬「確かなパワーを貰えた」本場で“ドラァグクイーン”に感激

藤井フミヤ長男・弘輝が断崖絶壁へ!?『めざましテレビ』レギュラー抜擢
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ