Amebaニュース

正直そこまでかわいくないのに、いつも彼がいる女子の特徴3

4/26(火) 22:00

提供:
マウンティングするつもりはないけれど、「正直、私のほうがかわいいのに、なんであの子のほうがモテるの?」という経験、女性なら「あるある、わかる」という方、多いのではないのでしょうか。
声に出して言わないものの、心の中で密かに「顔は、絶対私のほうがかわいい!」と思うことが。
さて。
選ぶ側……つまり男性です。「好きになった子がタイプ」なんてふんわり言葉を濁されても、やっぱり納得いきません。だって、愛嬌だって負けているつもりはないんですもの。
そこで周囲の男性たちに、ちょっとぶしつけな質問ですが、「正直、そこまでかわいくないのに彼氏が切れない女性って、一体何がそんなに男心をひきつけているの?」と聞いてみました。
「家庭的」な一面
「料理が上手」、「面倒見がいい」、「包容力がある」、「そばにいてくれるだけで安心する」……。特に、男性の心が弱っているとき、女性のふとした内面にぐっと惹かれるという人も多い様子。男性の「家庭的だね」という言葉が褒め言葉かどうかはおいておくにしても、家庭的なことが「嫌だ」と思う男性は少ないはず。考えてみれば、女から生まれない人間はいないのです。遠い昔、“マザコン”なんて言葉が流行しましたが、結局、女性が結婚したい男性の影に“父”を感じるように、男性も女性の影に“母”を見るものなのですね。
 
やっぱり「愛嬌」
無表情・無反応の美人より、打って響く愛嬌美人のほうがモテる、というか、そういう人と話しているほうが楽しいと感じるのは、同性の私でもわかります。美人すぎる高嶺の花に対して男性は、「誘うのに勇気がいる」、「上から目線で近寄りがたい」というお悩みが。美人すぎなければ、ハードルもぐっと下がる、と。愛嬌のいい女性であれば、さらにぐぐぐっとハードルが下がる→声をかけやすい→話しやすいし、よく見たらかわいいかも? そんなマジックが起こるのも愛嬌がなせるワザ。やっぱり女に愛嬌はマスト!
 
「追われる女」であれ
ある知人男性が、「男はいくつになっても網を持ってトンボを追いかける生き物だ」と言っていました。何が言いたいかというと、簡単に手に入る女性よりは、なかなか振り向いてくれない女性のほうが気になるそう。それが絶世の美女でなくても。気になる男性の前ではしおらしくなって、話を「うんうん」と聞くだけの女じゃつまらない。聞き上手がモテるってわけではないらしい……。「あなたの味方だけど、すぐにあなたのものにはならないわよ感」を程よく出している……そんな女性に男性がつい心を惹かれるのだとか。
 
家庭的で愛嬌のある女性……って、やっぱりその言葉でくくられるのかと思いましたが、「追われる女」というのは、意表をつかれました。だけどこれって、かなりのテクニック。会話でも相当なテクを必要とするはず。
そういえば、自称“ちょうどいいブス”という、芸人・相席スタートの山﨑ケイさんの会話の切り返しがすごいと話題になっていますが、あの綾野剛さんもメロメロのそのテク、この機会にちょっと学んでみますか?(さとうのりこ)
【あわせて読みたい】
※男子50人に聞いた「かわいいけど付き合いたくない」のはこんな女子!
※「美人だけどバカ」VS「ブスだけど賢い」男子100人選ぶのはどっち?
※「美人より愛嬌のあるブスが最強」説はホント?男子に確かめてみた
※「あのひと結婚しないんじゃなくて、できないんじゃないの?」と思われる女子の特徴4
※【婚活調査】結婚するなら料理上手なブス?料理下手な美女?男性の過半数が選んだのは…?
【関連記事】
ハッピーオーラをまとう♡幸せになるために必要な5つのこと
【4月27日は悪妻の日】こっそり聞いたみんなの悪女エピソード
大人になったゆとり世代からみた「30代女子の7不思議」
【男子の本音】女子のどこを見たい?見たら興奮する?…意外にもアソコだった
男性の7割が「また会いたい!」と思う「たまご肌」がキールズで叶う
CanCam.jp

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ