Amebaニュース

お互い好きだけど離婚がベスト?本当の意味での「家族のための決断」とは?

4/22(金) 22:00

夫婦が離婚するには様々な理由が考えられるが、多くのケースでは片方、あるいは双方が「この人と生活していくのは無理だ」と限界を感じての決断である。その時、かつてみずみずしかった愛情はすでに失われている、あるいは色あせてしまっている場合が多いはずだ。しかし、離婚の危機に瀕しているある主婦が「教えて!goo」「お互い好きだけど離婚」という質問を寄せている。

相談者の夫が事業を立ち上げたがうまくいかず赤字続き。再建の見通しは暗く、将来夫には借金だけが残りそうな気配である。そんな夫は「自分では家族を幸せにできない」と思い詰め、妻(相談者)と子どもに迷惑をかけないために、自分と別れた方がいいのではないかと提案してきたそうだ。

「私は旦那のこと大好きです。離れたくありません。旦那も私を愛してるし、最高の妻だと言ってくれました。叶うならいつかまた戻りたい。でももし私にいつか好きな人ができて、再婚するってなったとしても応援したいと言われました」と質問者は話す。

夫の提案も含めて、今後自分はどのように身の振る舞いを決めていくのが正解なのでしょうか、というのが質問内容である。

■激励の声多数!

回答者たちから、多くの激励が寄せられた。

「大変な時かもしれないけど、生きているだけ幸せなんじゃないの? どうしようもない旦那だったり、お互い愛がなければ離婚していいと思いますが、お互い愛し合ってるのに別れて、それが本当に幸せ?」(なっちゅりこさん)

「子どものこと考えと言ってますが離婚して別になることが子どものために本当になるのでしょうか」(varさん)

「お互い気持ちがあるのであれば、それくらいならやり直せるし、そういう時だからこそ2人でいる意味があるのでは? 金銭的な悩みは一人で抱え込みやすく、視野が狭くなります」(bonnboya151916さん)

何が相談者にとっての幸せなのか。そしてまた、「子どものためになる選択」とはなんなのか。このあたりは視点を変えれば見える答えも変わってくる。「不幸を遠ざける」という意味では、離婚の提案に従うのも幸せのひとつなのかもしれないが、「一緒に生きていくことこそが幸せ」という考え方もあるわけだ。

■まだやれることがあるのでは?

また、本当に選択肢は「離婚」か「結婚を続けて借金苦を受け入れる」かの2つしかないのだろうか。まだやれることがあるのでは、というアドバイスもあった。

「是非弁護士に相談してください。(中略)…弁護士に相談したら他にも色々アドバイスして貰えます。(中略)…弁護士の費用に不安があるなら最寄の役所に無料相談できるところもありますので、一度出向いてください。離婚など考える前にやるべき事を全てやった後でも良いのではないですか」(luckkenjiさん)

「(ネットなどで情報収集し)ああ、こんな方法もあるのだと知ること、それからでも弁護士は遅くないと思います。(中略)…こういう時こそ、奥様の出番ではないでしょうか。債務問題等の新しい知識を得ることも人生の大切な糧になるはずです」(ecoyanさん)

夫婦の間だけで話し合わず、しかるべき筋に相談することで新たな視野が開けてくる可能性もある。これらの回答に触れた相談者は迷いが振り切れたようだ。また相談者は、妻の立場としてできる最大限の努力(弁護士への相談などを含めて、夫を支えていくことなど)をしていく決意を固めたようだった。

武藤弘樹(muto koki)

■関連記事
離婚した両親、どちらについて行けば良い?
別れたい妻、別れたくない夫……どうすれば離婚できる?
離婚宣言を撤回したい――どうすれば信じてもらえる?
■人気Q&A
離婚を取り止めるには40万円。支払うべき?
お互い好きだけど離婚
教えて!goo ウォッチ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ