Amebaニュース

アナタは大丈夫? 食べすぎ 習慣が恐ろしい病気を引き起こす!

2/17(水) 21:00

提供:
毎日の生活のなかで、ついつい食べすぎてしまうこと、ありますよね。食べている最中は「まあ、いいか!」と思っていても、食べ終わった後にはいつも後悔してしまうものです。

そもそも、食べすぎはなぜ身体によくないのでしょうか。その理由と、食べすぎを防ぐ方法について医師に聞いてみました。

■ 食べすぎが重大な病気を引き起こす
まず、一度にたくさんのものを食べると、胃と腸に負担がかかります。

消化管は一度に処理できる能力が決まっています。これを超えて食べ物が入ってくると、消化しきれなくなり、腹痛や下痢の原因となります。胃があまりにも膨れすぎると嘔吐してしまい、胃や食道にも大きな負担がかかります。また、食べ物によっては腸に詰まってしまい、腸閉塞になることもあるので、気を付けてください。

■ カロリーの摂りすぎに注意!
必要以上の食事を摂取し続けていると、どうなるでしょうか。そう、肥満です。

人の身体は飢餓に備えて、カロリーを蓄えるようにつくられています。そのため、食べ過ぎは肥満につながるのです。肥満は高血圧高脂血症、動脈硬化など、メタボリック症候群につながります。さまざまな薬や運動療法が出ていますが、肥満が解消しない限りこれらのメタボはよくなりません。血圧が高いだけでは何も起こりませんが、これが長年続くと、心筋梗塞脳梗塞など、命に関わる病を引き起こすのです。

■ “食べすぎ”を防ぐ2つの方法
では、食べすぎを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

まずは自分の必要カロリーを把握し、それ以上を摂取しないことが一番です。間食もよくありませんよ。そして、よく噛んでゆっくりと食べることが大切です。胃の中にものが入ると満腹中枢が働きますが、急いで食べると、満腹と感じる前にすべて食べ終えてしまいます。ゆっくり食べると、適切に満腹を感じることができ、食べすぎを防ぐことができます。

【医師からのアドバイス】
食べすぎは身体にとって大きな負担になるだけでなく、大きな病気につながる可能性があります。昔から言うように、腹八分目を意識して、楽しく食事ができるといいですね。

【関連記事】
「恐ろしい」といわれる慢性腎臓病…どんなリスクがあるの?
肥満の人は要注意! 「内臓脂肪」がぜんそくを悪化させる!?
寝正月で激太りしないために! 太りやすい生活習慣を変える方法
Doctors Me

関連キーワード

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ