Amebaニュース

ジャスティン・セロー、妻ジェニファー・アニストンのプレゼントでカード支払いが圧迫!?

2/12(金) 12:22

提供:


俳優のジャスティン・セローが、妻で女優のジェニファー・アニストンに誕生日とバレンタインデーのプレゼントを買うため、クレジットカードの支払いに苦労していると嘆いている。

ジェニファーは現地時間2月11日、バレンタインデーの3日前に誕生日を迎える。そのため、ジャスティンは9日夜に行われた最新作『Zoolander 2(原題)』のニューヨークプレミアに夫婦そろって出席しながらも、両方のプレゼントの用意に追われていた。

「ロマンチックな夜のデートでもするよ」とジャスティンは米エンターテイメント情報番組『Entertainment Tonight』に対し、バレンタインデーのプランについて語った。「妻の誕生日はその3日前だから、誕生日とバレンタインデーのおかげでクレジットカードの支払いに苦労しているよ」

またジャスティンは米『People』誌に対し、2001年の『ズーランダー』の続編となる同作のプロモーションが長引いたため、ジェニファーと地味でカジュアルな夜をすごすのが楽しみだとつけ加えた。

「ずっとスーツばかり着ていたから、スエットを着たいね」とジャスティン。「もう6都市くらい回ったと思う。疲れたよ。だからリラックスして(配信サービスの)HBO Goでも観ることにするんだ」

ジャスティンはスーツとネクタイでスマートに決め、ジェニファーとレッドカーペットで撮影に応じた。会場に到着した際は、同作で演じるドレッドヘアのDJのコスプレ姿を披露し、ファンを驚かせた。

ジャスティンは『Zoolander 2』で脚本も手がけており、企画にゴーサインが出た時は興奮したとも明かした。

「脚本を書いた『トロピック・サンダー』を終えた直後の2009年に連絡をもらって、主演のベン・スティラーから『Zoolander 2』を考えていると言われたんだ」とジャスティンは『People』に語った。

「『僕が大ファンだってことは彼も知っているだろうし、続編に何でも望むことを書くよ』と伝えた。さらに1年が経つと、ベンはスタジオや観客から続編への手応えを感じると言ってきた。『作ることになりそうだ』とも。それで彼と会って、アイディアやジョークをお互いに出しあったんだ」
元の記事をT-SITEで読む
【関連記事】
サンドラ・ブロック、友人のジェニファー・アニストンの養子手続きをサポート!
婚約解消したコートニー・コックス、親友ジェニファー・アニストンから関係修復のアドバイスもらう
『フレンズ』のリサ・クドロー、話題のサイコスリラー小説の映画版に出演決定!
T-SITE

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ