Amebaニュース

私立幼稚園の保護者補助、調布市で1,060万円過払い

11/10(火) 15:15

提供:
 調布市は11月9日、平成27年度上半期分の「私立幼稚園保護者負担軽減事業補助金」および「私立幼稚園就園奨励費補助金」の過払いがあったと発表した。過払い金額は、69世帯で1,060万5,600円にのぼる。

 東京都では、私立幼稚園に通園する幼児の保護者への保護者負担軽減事業を実施している区市町村に対して、保護者負担軽減事業費の一部を補助している。調布市では、市内に住民登録があり、かつ私立幼稚園等に在籍し、入園料・保育料等を納入している保護者を対象に「私立幼稚園等園児保護者負担軽減事業費補助金」と「就園奨励費補助金」を交付している。

 「私立幼稚園等園児保護者負担軽減事業費補助金」は「入園料補助」と「保育料等補助」で構成され、入園料補助は10,000円。「就園奨励費補助金」は平成27年度に納付すべき市民税所得割額や第1子、第2子、第3子以降によって補助金額が異なる。いずれの補助金も、19歳未満の扶養親族の数により市民税の所得割課税額(補助基準額)が変わる。交付時期は年2回で、4月から9月分は10月下旬に直接保護者の口座へ振り込み、10月から3月分は3月下旬に直接保護者の口座へ振り込む。

 調布市は補助金対象者から提出のあった課税証明書などの情報を補助金算定システムに入力することで補助金額を算定している。今回、システム障害により、一部の世帯を非課税世帯扱いとして補助金額を算出していることに気が付かないまま支払い処理をし、過払いが発生したという。過払い金額は、69世帯(対象児童数73人)で1,060万5,600円にのぼる。

 該当世帯には過払いが発生したことを連絡しており、後日、該当世帯に対して、お詫びと経緯の説明、過払い金返還方法の説明のため、戸別に訪問する予定としている。

【関連写真】私立幼稚園の保護者補助、調布市で1,060万円過払い

■関連記事
幼小接続、教育課程編成で小学校と連携した幼稚園は5割
調布市、全20校の通学路を撮影する防犯カメラ設置
ランドセル選びの決め手は「色」…購入時期は9-10月と早期化傾向に
タブレットで幼稚園児の入退室管理…子育て支援新制度対応
リセマム

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ