Amebaニュース

宇宙の神秘、チンガー隕石を磨くと不思議な輝き

7/31(木) 23:00

提供:
140731chinga-03.jpg


鏡面仕上げになった隕石。

これはチンガー隕石の写真です。ロシアのトゥヴィンスカヤで発見されたものを4分の1にカットして、断面をポリッシュしたものなのですが…ご覧のとおりものすごいピッカピカになっています。もはや鏡になるレヴェルです。


140731chinga-02.jpg


チンガー隕石は、アタキサイトという鉄隕石の一種。1913年にトゥヴァ共和国の近くを流れるチンガー川で発見されたことから、命名されたんだとか。写真のものには、82.8%の鉄と、16.6%のニッケル、残りはコバルトやリンが含まれているそうです。

明確な内部構造を持たない隕石と言われており、他の隕石のようにエッジング加工した際に見られる縞模様が見られません。そのため、磨くと写真のようにピカピカになるようですが、正直想像以上でした。


140731chinga-01.jpg


それにしても本当にすごい輝きですね。ポリッシュしていない部分と比べてみたら、ちょっと信じられないくらいです。なんだか庭に転がっている似たような小石を無性に磨きたくなってきました。


source: TwistSifter

(今野愛菜)

■あわせて読みたい
歴史に思いを馳せる。ギズが行く、ミニミニ四国お遍路の旅
ギズモード編集部。それは「未来のふつう」な編集部
強い精神力で次世代への可能性を開く:沖縄で女子プロサッカーチームをつくる発起人の転機
羽田発リゾート行き。「週末は海外で過ごす」が浸透中
愛が訪れるスペシャルストーリー「私はパンツ」8月2日はパンツの日
GIZMODO JAPAN

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ