Amebaニュース

食器洗い機・ホームベーカリー・高圧洗浄機… 消費増税前に買いたいチョイ高家電 

3/27(木) 15:30



2014年4月1日から消費税が8%に上がることを受けて、駆け込み需要が高まっています。2014年2月中旬に日本経済新聞が実施したアンケートでも回答者の約6割が「増税前に家電を買う」と回答しており、各量販店などがセールを実施していることも相まって「家電を買いたい」というニーズが増えているようです。
そんな中、普段は躊躇する価格帯ながら「あれば便利」というアイテムをこの機会に導入しようという消費者心理も高まっている模様。美顔器や除湿機といった美容・健康家電や、生活の中で使う機会がイメージしやすいチョイ高の家電をチョイスしたいところなのではないでしょうか。

例えば食器洗い機。新築マンションでは標準装備されるようにもなっていますが、卓上タイプのものならば2万円台からモデルがあり、実家用に買うという人も増えているのだとか。また、ビルトインタイプもHARMAN(ハーマン)の『FB4504PF』が7万円台後半から9万円台前半で販売されており、これまで購入を迷っていた人が増税前のタイミングで決断するケースが目立っているようです。

同じように、お米からパンが作れるパナソニックの『GOPAN』(ゴパン)のような高機能なモデルが登場しているホームベーカリーも、料理好きの女性を中心に熱視線が集まっています。ハイエンドなタイプだと2~3万円程度ということもあり、便利だけど毎日は使わないから手が出せないという人が、増税による値上がり前に購入してしまう方がおトクだと家族を説得する材料にもなっているのではないでしょうか。

1~3万円程度のお買い物となると、ケルヒャーをはじめとする高圧洗浄機も選択肢に入ってきます。
ネット通販専門店『ヒダカショップ』の担当者によると「例年に比べて注文・問い合わせが明らかに多くなっています」といい、駆け込み需要が集まっている様子。玄関まわりやベランダのほか洗車にも使える便利アイテムということもあり、模様替えの季節の前に購入したいところでもあります。付属パーツが多く電圧などの違いもあるので、購入前にショップに問い合わせてみるのがおススメです。


高圧洗浄機専門店 ヒダカショップ
http://www.hidaka-shop.com/


■関連記事
使えるのは玄関・ベランダや外壁だけじゃない!? 専門店に訊く家庭用高圧洗浄機を選ぶポイント
アプリ『スマホ』の「おでかけ節電キャンペーン」でポイント三倍に!? 環境省実施の「ウォームシェア」とは?  
待望の新曲発売記念! Sound Horizon『ハロウィンと夜の物語』スペシャルクッキー缶が登場
【あさごはん】贅沢スタイル「マイグラノーラ」が発売! 乾燥フルーツがフレッシュフルーツに変身
『ZOZOTOWN』『109』『iQON』の人気アイテムを表示! 『Yahoo!検索』がファッション検索機能リリース

ガジェット通信

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ