Amebaニュース

丹念な取材で浮かび上がる佐村河内守の「正体」 早くもスクープ第2弾が配信スタート

2/20(木) 11:50

 文藝春秋の電子書籍オリジナルレーベル“文春e-Books”から『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』(神山典士+『週刊文春』取材班)が緊急発売された。販売価格は99円。

関連情報を含む記事はこちら

 すべての発端は、『週刊文春』の1本の記事。全聾の天才作曲家と称揚されてきた佐村河内守氏について、「私は18年間、彼のゴーストライターをしてきました」と告白する人物、新垣隆氏が現れたのだ。記事と、発売日に開かれた新垣氏の記者会見は、五輪気分に沸き立つ日本中に衝撃を与えた。

 一体、佐村河内氏とは何者なのか? 彼は本当に聴力を失っているのか? 親戚、故郷の知人、俳優やロックシンガーを目指していた時期の彼を知る人たちの証言を丹念に辿り、“現代のベートーベン”の実像を浮かび上がらせる。

 先週発売され、各電子書店でベストセラー1位を含む上位にランクインを果たした第1弾『堕ちた“現代のベートーベン”「佐村河内守事件」全真相』に続いてのスクープ第2弾となる。

●書誌情報
書名:文春e-Books『徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」』
著者:神山典士+『週刊文春』取材班
販売価格:99円
発売日:2014年2月20日
主要販売電子書店:Kindleストア、iBook Store、楽天kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、電子書籍を販売している主要書店

【関連記事】
ついにあの事件の“真犯人”が明かされる? 北関東連続少女誘拐殺人の真実を暴くノンフィクションが話題
木嶋佳苗被告が獄中で執筆したエロ私小説のスゴい中身
尼崎連続変死事件の角田美代子、その人物像に迫る
「セックスしませんか?」壮絶な死に様を見せた東電OLの謎に迫るルポ作品
もうひとつの木嶋佳苗事件 なぜ男たちは“彼女”に惹かれたのか?
ダ・ヴィンチ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ