Amebaニュース

太らないお酒の飲み方5つ

1/21(火) 22:46

お酒を飲むと何で太るのか、あなたはご存じですか?

【さらに写真を見る】太らないお酒の飲み方5つ

お酒を飲むと体がポカポカしますよね。「お酒をどんどん飲んで、寒い冬を乗り越えよう!」と、代謝アップを狙う女性もいるようですが、お酒を大量に飲むと体が冷え、血めぐりが悪くなるばかりか、太りやすい体質になってしまいます。

というわけで、今回は「太らないお酒の飲み方」を5つお教えしましょう。

1.ビールは控える

キンキンに冷えたビール。美味しさのあまり何杯も飲んでしまう人もいますよね。実は、ビールはお酒の中で一番体を冷やす飲み物。何杯も飲んではいけません。しかし、ビールには利尿作用があるので、ジョッキ一杯に留めておけば、体にいい飲み物となります。

2.サワーやカクテルは「氷抜き」を注文する

サワーやカクテルに入っている、大量の氷。これは間違いなく、体を冷やす原因になります。お店の人には「氷抜きでお願いします」と言いましょう。体に気を遣っている女性らしさもアピールできますよ。

3.血行をよくする、魔法の飲み物「日本酒」

日本酒はお米を発酵させ、しぼったもの。アミノ酸やミネラルが豊富で、栄養たっぷりの飲み物です。そんな日本酒を飲めば、血行がよくなり、たちまち体は温かくなります。一晩2合までに留めておけば、冷え知らずの体を手に入れることができます。まさに、魔法の飲み物です。

4.ワインは白より「赤」

白ワインと赤ワイン、みなさんはどちらがお好きですか?もちろん、料理によって、ワインを変える人もいると思いますが、あまりこだわらない人は「赤」を選びましょう。赤ワインはポリフェノールの量が豊富。白ワインの10倍も含まれており、ガン、脳梗塞、心臓病を防ぐことができるのです。また、赤ワイン特有の渋みはカテキンによるもので、血行をよくする働きがあります。ワインは白より「赤」がオススメです。

5.飲んだ後は「葛湯」を飲む

お酒を飲んだ後は、葛湯(くずゆ)を飲みましょう。葛には薬効成分がたくさん含まれています。血行をよくしたり、風邪を予防したり、肩こりにも効果があります。葛粉は市販で手に入れることができるので、お家で試してみてはいかがでしょうか?葛湯に、すりおろした生姜、または生姜の搾り汁を入れれば、さらに効果的。体の芯から温まります。

いかがでしたでしょうか。

お酒は美味しいですが、ほどほどにしましょうね。そうするだけで美人度がアップします。5つのポイントを抑え、冷え知らずのポカポカbodyを手に入れましょう。(モデルプレス)

【関連記事】
ダイエット中の空腹解消法
毎回の食事から100キロカロリー減らす方法
ストレスフリーのダイエットが話題に 日本人にピッタリの方法とは?
スレンダー女子が食べているもの5つ
ヤセている人が自然にやっているさりげない習慣5つ
モデルプレス

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ