Amebaニュース

「精神的疾患の診断できない若者に薬の対処はNG」と米医学会

12/8(日) 16:00

 米国精神医学会は「精神的苦痛は訴えるが、精神疾患とまで診断できない若年者に対しては『まず薬』で対処してはいけない」と警告を鳴らし、これまで必要とされていたと思い込まれていた医療行為を追放しようとしている。

 クリニック釈羅(精神科)の中西昭憲・院長の話。

「本来、カウンセリングが重要であることは明白です。ですが、医師はカウンセリングだけでは治療費が取りにくく、それを行なう時間的、経済的余裕もないから、薬剤で解決する傾向が強くなる。

 日本では、10代の患者の9割近くに処方しているのが現状でしょう。米国の学会の指摘通り、必ず数%にろれつが回らなくなる、震えが出るなどの副作用が出る。

 だから、日本でも若者には安易に薬で解決するのではなく、長期的視点でカウンセリングのような治療を勧める考えを定着させるべきです」

●企画・取材/室井一辰(医療経済ジャーナリスト)

※週刊ポスト2013年12月13日号


【関連記事】
電話の話し相手サービス 10分140円の歩合制で在宅勤務可能
欧州カルト支部メンバーが被災地で30分間のカウンセリング
60歳以上限定風俗店 キスや手繋ぎで満足する客が多数来店
両親不仲で12才娘「生まれてこなければよかった」とうつに
大阪の美容室 カット500円、カラー、パーマ1500円で人気


NEWSポストセブン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ