日刊アメーバニュース

芸能マネージャー直伝!「隠れイケメン」の見つけ方と育て方3つ

2017年05月18日 17時15分
提供:Menjoy!

華々しく芸能界デビューしたイケメンたち。でも彼らだって、スカウトされたときはイケメンの卵。パッとしない「隠れイケメン」だったケースが多いようです。もしかしたらあなたの周りにも「隠れイケメン」が潜んでいるかも? 今回は芸能マネージャーとして過去に某有名男性アイドルのタレント管理とスカウトを行っていたBさん(35)に業界仕込みの「隠れイケメン」の見つけ方を聞きました!

歳とともにイケメンになる「遅咲き隠れイケメン」が存在する!
芸能界でも子役のときは「ただの可愛い男の子」だったのにいつの間にか「完全なるイケメン」に変貌を遂げていた!ということがあります。
特に男性は「若さ」「勢い」だけでなく、それにプラスされた「男の色気」が出だすアラサーまでいかに売れるかが勝負だそう。
そのため、スカウトマンは「アラサーになったときの顔」を想像してスカウトすることが多いようです。
今は野暮ったくても「隠れイケメン」を発掘し、イケメン色を付けること。それが重要です。
あなたの職場や学校にも潜んでいるかもしれない「隠れイケメン」。
誰かに見つけられる前に発掘してみたいものです。
それでは「これが揃えばいればイケメンになるかも!」という3項目を見ていきましょう。
(1)手入れされていない眉毛だが、目との距離が近い
実は「イケメン」の要素として眉毛と目が近いことが挙げられるそう。
美人の条件でもあるようですが、この条件が「手入れされていない」のにクリアされているというのはイケメンになる可能性大。
芸能人たちはもちろん自然にこの条件をクリアしている人が多いものの、近くするために男性でもしっかりとした眉メイクを施す人も多いようです。
眉毛と目の距離が近いと感じたら野暮ったい眉毛を少し整えるだけで見違えるほど目元イケメンになります。
(2)目と鼻の形が左右対称でメガネを掛けている
「イケメン」を定義するのは大変難しいことですが、Bさんいわく世間一般で「イケメン」扱いされている芸能人は、顔の右側と左側がしっかりと左右対称になっていることが特徴として挙げられるそう。
よく話題にあがる「イケメン・美女は二重である論」は「塩顔男子」が流行し始めたあたりから特にそこまで重要視されなくなり、一重でも顔のパーツが左右対称であることのほうが重要になってくるのだそうです。
また顔のパーツが左右対称で「メガネ」をかけているという点ではそのメガネが「視力改善」に特化したおしゃれからかけ離れたものである場合は「普段からおしゃれに気を使っていないので伸びしろがある」と判断できるそう。
(3)髪の毛で耳が隠れている
実はアラサーの「色気」ポイント、それは意外にも「耳」なんだとか。
役柄で「イケメン」を演じる役者のほとんどが耳が隠れるような野暮ったい髪型にすることはありませんよね。
また耳が隠れている=容姿に気を使っていない、ということもいえます。
「雰囲気イケメン」たちは髪型と雰囲気で作られているといわれていますが、彼らは自分の魅せ方をしっかりわかっています。
一方で「イケメン」なのに自分の魅せ方をわかっていない「隠れイケメン」は髪型一つで凄まじい伸びしろがあるようです。
 
体型は本人の努力で変えることができる
上記は顔が「イケメン」であるかどうかを見抜くポイントを挙げましたが、体型についてはどうでしょうか?
Bさんいわく「体型は努力しだいでどうにかなるのでまずは資質を見抜くこと」が大事なんだとか。
確かにダイエットや肌質、ファッションは本人の努力次第で変われるものが多いですよね。
上記3つを満たす気になる「隠れイケメン」を発掘したけれど「超絶デブたっだ!」なんてことがあれば、諦めずにあなたが彼を「イケメン」に育ててみるのいいかもしれませんね。
 
どうでしたか?
自分自身に無頓着なことが多い「隠れイケメン」。
しかし彼らはマネージャーの手腕よって今をときめく芸能人に変化していきます。
「隠れイケメン」は誰かに見つけられるまで自分自身の魅力に気付かずに生活していることが多いようです。
上記の項目に当てはまる男子が現れたら、誰かに見つけられる前にあなたがスカウトして彼を「イケメン」に育成しちゃいましょう。
 

【関連記事】
【キュン死】イケメンが「萌えるひとこと」であなたを癒す動画が話題
【動画】コレで癒されて!噂の歌舞伎町ホストの「お疲れさま♡」6連発
すぐできるー!憧れの「お店のイケメン男子」と仲良くなっちゃう方法
【絶対条件】20代女子が口を揃えて言う「イイ男」ってこんな男!
佐々木希と渡部建の相性は?数秘術で占う「優しいオトコ」の探し方

この記事のコメント

**を表示 / 5件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る