日刊アメーバニュース

住宅庭先の地中から遺体=頭に銃痕、不明の元組員か-大阪・和泉

2017年04月20日 22時57分
提供:時事通信

 大阪府和泉市葛の葉町の住宅の庭から地中に埋められた男性の遺体が見つかっていたことが、20日、大阪府警への取材で分かった。遺体の頭部には銃で撃たれた痕があり、府警捜査4課は2月末から行方が分からない50代の元暴力団組員の可能性もあるとみて、身元の特定を急いでいる。
 同課などによると、別の事件で逮捕された20代の男が数日前に「民家に遺体が埋まっている」と供述。19日に捜索したところ、庭の花壇の土の中から遺体が見つかった。遺体はうつぶせで、頭には土のう袋がかぶせられ銃で撃たれた痕があった。
 司法解剖の結果、死因は脳挫滅で2月下旬から4月初旬にかけ殺害されたとみられる。
 元組員は2月末に行方不明になり、知人が3月初旬に捜索願を出していた。暴力団関係者の男と金銭トラブルがあったとみられ、同課はこの男ら数人の行方を追うとともに、20代の男を死体遺棄容疑でも調べている。 【時事通信社】

この記事のコメント

**を表示 / 8件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る