日刊アメーバニュース

ただの同居人!5位夫に愛情ナシ…妻が「独身に戻りたい理由」1位は

2017年03月18日 07時40分
提供:VenusTap

独身の頃は「早く結婚したい!」と一生懸命婚活していたのに、いざ結婚してみると「独身の頃が懐かしい」と、ため息をついたりするとは人の心は不思議なものですよね。
では、既婚女性たちはなぜ「あー、もう一度独身に戻りたい!」と思うのでしょうか?
そこで今回は、『VenusTap』が既婚女性500人のうち「独身に戻りたいと思うことがある」と答えた203人(なんと40.6%!)に聞いたアンケート「独身に戻りたい理由は何ですか?(複数回答可)」の調査結果を、ランキングでご紹介しましょう。
 
■5位:夫に愛情がなくなったから(15.3%)
恋愛結婚であれば、愛する人と「ずっと一緒にいたい」と思って結婚するのが自然な流れですよね。しかし時が経ち、なんらかの理由で愛が冷めてしまうこともあるでしょう。
ということで、5位は「夫に愛情がなくなったから」。

「恋愛感情が消え、今やただのルームメートと化している」、「このまま愛のない結婚を続けるのかと思うと……独身になってイチからやり直してみたい」という声も。
家族愛だけではなく、男女としての愛情が重要だと思う女性は多いようです。
 
■4位:自分で稼いで自由にお金を使いたいから(22.2%)
4位は「自分で稼いで自由にお金を使いたいから」。夫が働いて稼いだお金で生活することは、精神的に楽ではない場合もあるようです。

「夫の“オレが稼いだ金だ”という態度が我慢できない。自分で働いたお金で暮らしたい」、「ブランド物や海外旅行に自由にお金を使っていた頃が懐かしい……」という妻たちの嘆きも。
働いていないのであれば、まず何か仕事を始めてみて少しでも自分のお金を確保することができれば、このような不満は多少解決するかもしれませんね。
 
■3位:家事をするのが面倒だから(22.7%)
3位は「家事をするのが面倒だから」。終わりがなく、完璧であることはかなり難しく、そして一般的には報酬もないもの……それが家事。
いくら家族で心地よく生活するために大事な仕事だと分かっていても、ふとしたときに虚しくなることもあるかもしれません。

「共働きなのに家事の大半は私がしている。これじゃ独身の方がラク」、「“家事は妻の仕事”と決めて、夫が細かいところまでうるさい。もともと大雑把な性格の私にはなかなかツライ」という声も。
しかし、家事は独身でもしなければならないもの。完璧を目指さずに、適度に手を抜く方法を考えてみるのはいかがでしょうか。
 
■2位:自由な気分になりたいから(31.0%)
既婚女性が独身に戻りたい理由の2位は「自由な気分になりたいから」。
「いつも夫がそばにいる」という喜びが消え、夫の存在が心に重くのしかかり自由を欲するようになったら結婚生活の危機かも!?

「結婚して10年。女としての人生はもう終わりかと思うと、自由になってやり直したい気持ち」、「結婚しているという事実だけで、自由が奪われたような気分になるときがある」という女性も。
自由になったとしても、何らかの代償はあるはず。自分にとって本当に大切なこと、大切な人を見極めて、後悔のないように生きてくださいね。
 
■1位:自分だけの時間が欲しいから(32.5%)
1位は、「自分だけの時間が欲しいから」でした! 夫婦2人ならまだしも、子どもができると真っ先になくなるものは“自分の時間”かもしれません。

「夫と子どもがいてかなり幸せ。でも、たまに独身に戻って自分だけの人生を生きたいと思うこともある」、「子育てで毎日とにかく時間に追われてる。1日30分でいいから自分だけの時間が欲しい」という妻たちの声がありました。
夫や家族の協力を得て、今の生活の中で自分の時間を作る努力をしてみることをオススメします。
 
以上、「既婚女性が“独身に戻りたい”と思う理由ランキング」をご紹介しました。6位は「夫が家事も育児も手伝わないから」(14.3%)、7位は「夫とセックスレスだから」(13.8%)でした。
人間はないものねだりをしたくなるもの。自分で決めた結婚ですから、「独身に戻りたい」と考えている女性は、何らかの改善策を見出してより良い人生を歩んでいってくださいね。
 
【関連記事】
他にいたでしょ!? 3位小倉優子「男の趣味が残念な芸能人」1位姉さんは
海老蔵も?3位杉浦太陽「イクメンアピールが鼻につく芸能人」1位は…
4位藤原紀香…離婚報道に「やっぱりな」と思った女性芸能人1位は
5位竹野内豊「今年も独身でいてほしい男性芸能人」貯金がエグい1位は
妻の約3割が「別れない」!夫のゲス不倫を許してしまう理由ランキング

この記事のコメント

**を表示 / 18件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る