日刊アメーバニュース

日本一黒いグラドルが帝王・松崎しげると熱く語る日焼けのデートプラン「やっぱり黒い男性に惹かれます!」

2017年08月13日 15時00分
提供:週プレNEWS

夏本番! 今年の夏こそモテたいならば、失敗続きのこれまでとはアプローチを変えてみるべき?

そこでオススメしたいのは“日焼け”――美白ブームの真っ只中でクロい肌をアピールすれば、ライバルたちに差をつけられるハズ!? そこでご教示を賜(たまわ)りたい方といえば、“クロ肌界の重鎮”松崎しげるさんをおいて他にいないだろう。

CMソングの帝王として知られ、『愛のメモリー』などのヒットソングで長年、歌手として活躍。トークの冴えっぷりからバラエティでも人気者だ。その松崎さんの代名詞であり、魅力のひとつが黒い肌。何しろ日本記念日協会から9月6日は“9(ク)6(ロ)”にちなみ「松崎しげるの日」に認定されるほど。ある意味、“クロい人”界の頂点を極めたといっても過言ではない。

もしてもうひとり、“クロい人”界に突如現れた風雲児といえば、“なにわのブラックダイヤモンド”を自称し、「日本一黒いグラドル」としてグラビア界に風穴を開けつつある橋本梨菜チャンだ。今回、その彼女が「めちゃめちゃ会いたい!」とラブコールを送り、帝王と若き王女の世代を超えた“クロい人”トップ対談が実現!

前編記事(「日焼けして魅力が増す男と女のパーツとは…」参照)に続き、焼け方のコダワリから日焼けデートのススメまで、縦横無尽に語り尽くしてもらった!

* * *

松崎 でもさ、やっぱり小麦色の肌に水着はいいよね。このお仕事を始めた頃、よく一緒にお仕事したのが“小麦色のマーメイド”アグネス・ラム。もう本当に健康美で。あと、前田美波里ちゃんの資生堂のポスターの迫力! 僕らはやっぱりそこにセクシーさを感じたんだよ。女性だけじゃなくて、加山雄三さんを始めとしたスターを見ながら「やっぱり浅黒い人ってカッコイイな」っていう男の美学みたいなものがあって。

―確かに、時代によってセクシーな女性像・男性像は変わってきました。

松崎 だから、なんで今ってこんなに「美白」って言われるんだろうって思うよね。日本ぐらいじゃない? ヨーロッパのセレブはニースやコパカバーナまで行って焼いたり、黒い肌がひとつのステイタスにもなってるよね。フィンランドでは日照時間が少ないから日焼けマシンを持っている家庭もすごく多いんだよ。日光浴しないと肌でビタミンDが合成されないから。でも日本では紫外線の害を強調しすぎなんだよね。

橋本 今の時代ってそうですよね。

松崎 そうそう。時代的な部分は必ずあると思うんだよ。子供の頃から日焼け止めを塗ったりするけど、自然の中で生きてるんだから、自分の子供が焼けやすいかどうかの体質とかはまず知るべきだろ? 男性までその方向に行っちゃってて、脱毛して髭も生えてないようなコがいっぱいいるし、それをダメって言う気はないけど俺には信じられない(笑)。

だって、海に行って夕景になった時にさ、まだシャワー浴びる前でボケーッと砂浜にいる時にだよ、あのドライになった日焼けした肌ってたまんなくイイじゃない。女のコも体が火照ってるのを海風で冷やしてる感じで、昔のガールフレンドはみんなそうだったね。ドライブ行って泳いで夕方スッと横を見ると、やっぱりそういう感じで。ノーメイクなのがまたイイのよ!

橋本 いいですよね。そんな時に男性に「日焼けしたくない」って言われるとやっぱり困りますね。今は日焼け止めを塗る男性も多いので、一緒に日焼けしてくれる男性がいいです!

松崎 せっかく海まで遊びに行ってるのに、日焼け止め塗るなんて、もうかわいそうになっちゃうよ(笑)。まぁでもさ、やっぱり白い人もいなくちゃダメなんですよ。いるからこそ我々の黒が際立つんです! オセロのゲームと一緒でね。どっちがイイとか悪いとかじゃなくて、どちらにも役割があるんだよ。

橋本 なるほど~。





松崎 芸能界もグラビア界もそうだと思うけど、いろんな人がいるから自分にオファーがあるんだろうし、だから黒いことで得したことは結構あってね。ウタマロ石鹸っていう頑固な汚れに強い石鹸のCMで、俺は頑固な汚れの役をやったり(笑)。日本記念日協会に9月6日は9(ク)6(ロ)にかけて「松崎しげるの日」って認定してもらったりね。

橋本 それはもう憧れのエピソードです!

松崎 それなら、その日はフェスまで開いちゃおうって『黒フェス~白黒歌合戦~』っていうのをやってて、今年で3回目なんだけど。今年はね、喋りでは同級生の三遊亭圓楽さん、芸能界のお友達では八代亜紀ちゃん、あとはサンボマスターとか。そこらへんはガンガン行くだろうね。あとは親友として『トミーとマツ』の国広富之も出るよ。

―他にも、ももクロやミラクルひかるさんなどジャンルをまたいで呼ばれていますね。

松崎 うん、やっぱり自分が生活してる中で、音楽は年代を飛び越えるしジャンルも分けないしね。演歌からモノマネまでアラカルトに富んでるフェスなんで、ジャンルを越えていろんな音楽を聞いてもらって、いろんなエンタテインメントを観てもらえれば、楽しい1日になるんじゃないかと思う。

橋本 私は9月が誕生日で、毎年9月6日という“クロ”の日には記念イベントをやろうって話もあるんですけど、松崎さんリスペクトだから黒フェスと同じ日にはできないって、その日のスケジュールは空けてあるんですよ! 私も“黒い人”としてやってきた以上、いずれは黒フェスに出るところまで行きたいんです!

松崎 もうちょい早く言ってよ~(笑)。去年は岡副(麻希)くんがアシスタントだったし、黒めの女のコは毎年必ずひとりはいるね。

橋本 では来年も9月6日は空けて待ってますっ!

―アピールが切実です(笑)。しかし記念日にまで認定されるなんて、黒くて得することもいっぱいあるんですね!

松崎 まぁそんな風にやってくれるのは嬉しいよね。学校の頃はもらったこともなかった表彰状までもらってさ(笑)。そういう面では感謝してるね。

橋本 確かに、黒いとどこにいてもすぐ気づいてもらえますし。いろんな方とグラビアで並んだ時も黒い方が今いないので「目立つね」って言ってもらえて。照明さんにライトの調整がひとりだけ難しいって言われることもあるけど(笑)、覚えてもらえるのも早いので。

松崎 キミは黒さがイヤらしくないもんね。それがいいのよ。健康美の小麦色って、なんかすごく好感持てるしね。この間、僕の長男のガールフレンドが何人か遊びに来たけど、やっぱりみんな体育会系で浅黒くてさ。「こんにちは~」って明るくて挨拶的な部分もきちんとできるし、立ち居振る舞いもきれいだし。そんなことで決めつけちゃいけないんだろうけど(笑)。

橋本 私も自分が黒いし、兄と弟も含めて家族全員黒いので、黒いのを基準に生活してました(笑)。やっぱり黒い男性に惹かれますね。女性も男性も昔みたいに黒い方が増えるといいなって思います。





























―じゃあ、黒セクシーな人を増やすために、楽しく日焼けするためのデートプランを考えましょうよ!

橋本 やっぱり海が好きなので、一緒に海に行って泳いでお昼寝したりしたいですね。それこそ火照った体でドライブしたり。

松崎 やっぱりドライブしながら海に行くっていうのはいいよな。俺、もうひとつ企業努力してんだけどさ、「動く日焼けマシン」なんだよ。

橋本 えっ、それはなんですか?

松崎 車なんだけど、すぐオープンにできるの(笑)。オープンカーで太陽を浴びながら走る、この爽快感! これがね、東京から湘南方面に行くドライブだと、朝は太陽が後ろからなのよ…。だから千葉方面はオススメ! オープンカーでバーっと朝日を浴びながらバンバン運転する。朝昼の日差しのあの刺すような感覚が好きなのよ。帰りに浴びる西日がまた柔らかくてイイんだ!

橋本 カッコいいです! ぜひ千葉方面に乗せてください(笑)!

松崎 ぜひぜひ! ここにカメラマンがいなきゃ、もうどこでもふたりで行っちゃうよ(笑)。

―では最後に、これから黒くなりたい人に応援メッセージを!

橋本 日焼けを恐れずに、外に遊びに行って一緒に焼けてほしいですね。やっぱり黒いと健康的だと思うし、明るいイメージがつくんじゃないかと思います!

松崎 僕はね、白い人も黒い人も外で明るく元気にっていうのがひとつのモットーだし、人間やっぱり白とか黒とか常にコレって決めつけないで、いろんな表情を作ったほうがいいかなって思う。チラッと夏の雰囲気が残ったカラダってその人の魅力も増すだろうし、一番太陽を浴びて気持ちのいい季節なんで、もう汗かいてガンガン外で遊ぼうぜ! それを冷ましながら飲む酒がまたウマいんだ!

橋本 やっぱり日焼けを愛してらっしゃるんですね。カッコいいです…そんな風に私もなりたい!

松崎 70をもうすぐ向かえる松崎ではあるけれど、一生、太陽を真正面からさんさんと浴びる“太陽の子”という感覚は持ち続けるだろうね。寝たきりになるまでは…いや、寝ててもきっと俺、窓際で太陽を浴びてるだろうな(笑)。

(取材・文/明知真理子、撮影/武田 敏将)



























■松崎しげる(まつざき しげる)













1949年11月19日生まれ 東京都出身。“CMソングの帝王”として知られ、70年代から長きに渡り歌手として活躍するほか、バラエティ番組にも多数出演。9月6日には第3回となる『黒フェス~白黒歌合戦~』を開催。最新情報は公式サイトにてhttps://walker21.com/

■橋本梨菜(はしもと りな)













1993年9月13日生まれ 大阪府出身 身長158㎝ B88 W58 H85。自称“なにわのブラックダイヤモンド”、通称“日本一黒いグラドル”のGカップ美巨乳アイドル。4月1日より「キコーナ」4代目イメージキャラクターに就任。最新情報は公式Twitterにて @rinasketch 【関連記事】
“日本一黒いグラドル”が帝王・松崎しげるにラブコール! 日焼けして魅力が増す男と女のパーツとは…
"日本一黒いグラドル"橋本梨菜がアブない女教師で挑発! でも一番恥ずかしかったシーンは…
“アグネス・ラム伝説”再び!社会現象になったそのグラビアの魅力とは?
語っていいとも! 第17回ゲスト・松崎しげる「しみそばかすは1コしかないの。でも、変なものは打ってないよ(笑)」
人気急上昇のサイバージャパン・ダンサーズがビキニを脱ぎ捨てた!?「セクシーというからにはもっとやるしかない!」

コラムアクセスランキング

  1. 1だから稼げない 年収300万止まりの人に特有の口グセと行動とは写真 8月19日13時00分
  2. 2夏が終わる前にゲットしたい♪100均の「メッシュバッグ」がおでかけや収納に大活躍写真 8月19日14時00分
  3. 31回使ったら手放せない♡SNSで話題の『白リップ』が万能すぎる!写真 8月18日21時05分
  4. 4一人暮らし大学生の仕送り額Top5! 仕送りがない大学生が最多?!写真 8月18日18時00分
  5. 5二の腕痩せに効果的『即効性より確実』な筋トレ&ダイエット方法とは写真 8月19日12時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る