日刊アメーバニュース

『X-ファイル』新シーズンに二人の女性監督が参加!

2017年08月13日 14時10分
提供:海外ドラマNAVI

世界中で大ヒットした超常現象ドラマ『X-ファイル』の復活版として、米FOXで2016年に放送された『X-ファイル 2016』。その反響に応えて、シーズン11にあたる新イベントシリーズが作られることは当サイトでも報じてきたが、この新作で二人の女性監督がメガホンを取ることが明らかになった。米TV Lineが報じている。

来年放送予定のシーズン11で監督を務めるのは、キャロル・バンカーとホリー・デイル。バンカーは1999年から2002年まで『X-ファイル』でスクリプター(撮影の記録などをする仕事)として作品に貢献していた。監督としては『NYPD BLUE 〜ニューヨーク市警15分署』や『Glee/グリー』などでメガホンを取っている。一方、『X-ファイル』初参加となるデイルは、『GRIMM/グリム』や『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』、『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』、米NBCの『シカゴ』シリーズなど、これまで数多くの人気TVシリーズで監督を務めてきた経歴の持ち主だ。

新作では、番組クリエイターのクリス・カーターや、オリジナルシリーズでも数々のエピソードを生み出してきたジェームズ・ウォン、グレン&ダリン・モーガン兄弟などが脚本を手掛けることが伝えられ、さらに6月末には過去にアシスタントを務めた男性3人の新人脚本家たちも加わることが報じられていた。

脚本家メンバーが全員男性で固められたことに対し、スカリー役のジリアン・アンダーソンは「シリーズ全207話のうち、女性が監督したのは2話。この数字が変わる時を心待ちにしています」とツイートし、性差別を訴えていた。今後、脚本家に女性が加わるかは定かではないが、女性監督が就任したことは本作にとっても、TV界にとっても嬉しいニュース。当サイトでもハリウッドにおける男女差について度々お伝えしてきたが、より多くの女性が活躍できる場が増えることを期待している。

『X-ファイル』シーズン11は、米FOXにて2018年に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『X-ファイル 2016』
(c) 2016 Fox and its related entities. All rights reserved.


【関連記事】
【ニュース】【ネタばれ】あの女性捜査官が『X-ファイル』シーズン11に再登場
【ニュース】ジリアン・アンダーソン、『X-ファイル』シーズン11の脚本家が全員男性であることを批判
【ニュース】13年ぶりの復活『X-ファイル2016』、Dlifeにて無料初放送!
【ニュース】『X-ファイル』で数々の名エピソードを生んだ脚本家もシーズン11に参加!
【ニュース】『X-ファイル』復活版第2弾の製作がついに決定!

エンタメアクセスランキング

  1. 1星野源36歳「今とにかく寂しい。お互いが自然に思って結婚、それが僕の理想」と自身の結婚観を語る写真 8月19日12時46分
  2. 2石原さとみ『24時間テレビ』キッカケに成長 積極的な交流「人の心を知るために」写真 8月19日07時00分
  3. 3ALS発症した元アメフト選手追ったドキュメント「ギフト」 妻ミシェルが語る6年間写真 8月18日18時00分
  4. 4南明奈、よゐこ濱口優との結婚は?千原ジュニアのイジり炸裂写真 8月19日14時42分
  5. 5又吉のもとに目撃情報!綾部が「24時間テレビ」マラソンの練習中!?【視聴熱】写真 8月18日20時45分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る