日刊アメーバニュース

要チェック! 婚活相手の男性はイヌ派かネコ派か?

2017年08月13日 11時30分
提供:J-CAST会社ウォッチ

婚活中の女性にとって気になることのひとつ、お相手の男性の年収。知り合って間もないのに、ズバリ聞くには少々勇気がいる。そうかといって、うやむやというのも避けたい。

そんな場合は、男性に「イヌとネコ、どっちが好き?」と聞いてみるといいかもしれない。

ネコ派の年収537万円、イヌ派は...... 共働き志向の男女のための婚活サイト「キャリ婚」が、男性会員(2017年7月現在、694人)を対象に調査をしたところ、「イヌ派」と「ネコ派」の男性では、平均年収に差があることがわかった。

まず、キャリ婚の男性会員の年齢をみると、「20~24歳」が2%、「25~29%」19%、「30~34歳」24%、「35~39歳」21%、「40~44歳」16%、「45~49歳」が15%、「50歳以上」は3%となっており、平均年齢は約36歳。

これは男性が初婚の場合の平均年齢30.7歳(厚労省調べ)よりも、やや高い数字だ。

次に、男性会員の年収分布に目を移すと、「300万円未満」が9%、「300万~500万円未満」は24%、「500万~700万円未満」34%、「700万~1000万円未満」21%、「1000万円以上」が12%となっており、2015年の平均給与420万円(国税庁調べ)よりも、高い人が多かった。

ただ、これは男性会員の年齢が高いことによるとみられる。

さて、ここで本題。男性会員に平均年収を聞くと、「イヌ派」は624万円、「ネコ派」は537万円で、イヌ派のほうが、じつに90万円も高かった。

この違いについて、キャリ婚は「マイルールで自由気ままなネコと、序列を重んじ、忠誠を尽くすイヌ。共働きを上手にこなしていくためには、ある程度の家庭内のルールが必要。家族というプロジェクトを遂行するために、『自分の役割』を果たせるスキルが仕事にも生きているのでは」と考察している。

温厚で誠実なイヌVS自由気ままなネコ はたして、キャリ婚による考察は当てはまるのか、とツイッターをみると、

「【悲報】猫派は犬派よりも年収が90万円低いことが判明www」 と話題になっていた。

さらに、

「昔から犬派のほうが高年収と言われてるよな。そういえばネット民は昔からネコ派が多いな」
「集団生活は犬のほうが長けてるってことなのかな」
「やったね犬くん、自由気ままに生きてる猫に圧勝だよ。温厚で誠実な犬くんが、なぜか猫より目立たないのは不思議だったけれど。見てる人はちゃんと見てるんだね」
「猫派に比べて犬派のほうが年収高いってアンケート結果が出たらしいんだけど、犬派は見栄っ張りという可能性についても調べてくれよな」 などと、独自の見解を綴る人も。

なかには、

「そりゃネコは勝手気ままだけど、イヌは、大型犬なんかは散歩に食事に十分養えるだけの財力がなければならない。そういうことだろ」 といった声もある。

最近のペットブームもあって、イヌやネコを飼っている人は少なくないが、いずれにしても、ある程度の財力がなければ育てられないことは確かかもしれない。



【関連記事】認知度イマイチ でも、毎日が「テレワーク・デイ」な人がいる?
「疲れる」夏休みはイヤ!? 2017年は「自宅でゆっくり」が7割超
「インスタ女子」せっかく買った専用カメラが泣いているワケ?
週2回「家飲み」7割超 周囲に気兼ねなく、終電逃す心配もない
ホームレスはどこへ行った? 17年は5534人、13年比33%減少

経済アクセスランキング

  1. 1大好評!大戸屋の「広島産かきフライ定食」が今年も登場写真 8月19日07時00分
  2. 2『セブン-イレブン・今週の新商品』真夏のパン祭りが開催!熊本のコッペパンはひと味違う?写真 8月18日19時20分
  3. 3セブンとファミマの「コーヒーゼリー」を食べ比べ!今週の一押しコンビニスイーツまとめ【8月14~18日】写真 8月19日10時30分
  4. 4スタバのおすすめフラぺカスタム3つ--バニラ、コーヒー、マンゴーフラぺをちょっとリッチに!写真 8月19日09時00分
  5. 5「贅沢ジュレ」の化粧水をいち早くゲット! 渋谷で5000個サンプリング写真 8月19日10時42分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る