日刊アメーバニュース

桐のタンスならぬ「桐スピーカー」―オンキヨーが開発した超高級モデル

2017年08月11日 06時00分
提供:インターネットコム

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、「桐」素材のスピーカーシステムを開発した。日本経済新聞社のクラウドファンディングサイト「未来ショッピング」で9月30日まで先行販売する。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

ウーファー、ツィーターともに最新のシミュレーションと解析技術により、超低歪設計を採用したという。

ウーファーユニットには、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を持つというバイオマス素材、セルロースナノファイバー(CNF)を採用。ほかにも天然素材の楮(こうぞ)と厳選した高緯度地域の針葉樹パルプを配合し、ノンプレス成型を施した。

ウーファー振動板の表面には、天然素材のにかわでコーティングも施し、物性を適正化している。ボイスコイルとの接着部には高価な墨である「桐油煙墨」を使い、微小振動の伝達を適正化した。明瞭で厚みのある音を出せるという。

これに加えキャビネットに軽量で多孔質な天然の桐素材をクリアーオープンポア仕上げで組み込んだ。高域に著しいエネルギーのない自然な振動をさせるという。

さらに筐体で発生する複雑な分割振動や内部定在波の発生を避け余計な付帯音を極力抑えるため、「Resonance Sculpting Control」テクノロジーを適用した積層構造を採り入れた。側板には和楽器等でも用いる網状鱗彫りを施し、厚みを連続して変化させることで内部の反射音を避け、音の濁りを排除して澄んだ響きをさせるようにした。

ネットワークには空芯コイルと、低歪ケイ素鋼板コアコイル、Mundorf製コンデンサーを採用し、繊細な音の表現力や、奥行き感を出したという。

このほか専用のスピーカースタンドを用意。タモ材を使い、一部に黒檀材を使ったオイルフィニッシュ仕上げを施した。スピーカーの自然な振動をそのまま活かすため、重心支持構造を採用している。

本体は2ウェイ・バスレフ型で、インピーダンスは4Ω、最大入力は70W、出力音圧レベルは85dB/W/m。再生周波数帯域は65Hz~90kHz、クロスオーバー周波数は4kHz。

サイズは153×274×289mm。重さは3.5kg。ステレオペアを作るためには2台必要。価格は例えばスピーカーとスタンド各2台ずつのセットで120万円(税別)。果たしてどんな人が購入するのだろうか。


【関連記事】
スマホで直接CDを聴けるレコーダー発売―USB Type-C対応、最新機種もOK
野球帽型スピーカー「Atari Speakerhat」…自転車通勤者にぴったり?
Ankerから「ポケモン」柄モバイルバッテリー、ピカチュウなどかわいくおしゃれに
「何か音楽を再生して」―話しかけると動作するAIスピーカー「WAVE」先行発売

ITアクセスランキング

  1. 1手に取った商品は元の棚に戻さないと「万引きしとるのと大差ない」 マナー違反に対する苦言ツイートが話題に 8月15日14時30分
  2. 2肉を食おうよ、夏だから―フォルクス&ステーキのどんでステーキ食べ放題写真 8月15日11時30分
  3. 3【モンハン】めっちゃリアルなアイルードールが可愛すぎ!! お値段16万円でも即完売! 8月14日15時30分
  4. 4一面真っ黒! 厚生労働省が公表する労働基準関連法令違反の企業をまとめた『ブラック・ブラック企業』サイトが登場 8月15日13時00分
  5. 5はなまるうどんの没メニュー「ビリビリサンラーうどん」、本日より期間限定で発売!-「有吉弘行のダレトク!?」とのコラボメニュー写真 8月16日10時55分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る