日刊アメーバニュース

黒人5人が不当逮捕されたえん罪事件、セントラルパーク・ジョガー事件がドラマ化

2017年07月18日 08時00分
提供:映画.com

 「グローリー 明日への行進」「13th 憲法修正第13条」のエバ・デュバーネイ監督が、1989年に起こったセントラルパーク・ジョガー事件を、ミニシリーズとしてドラマ化することがわかった。デュバーネイが脚本・監督・制作総指揮を手がけ、Netflixで2019年にプレミア放送される。

 セントラルパーク・ジョガー事件とは、ニューヨークのセントラルパークでジョギング中の白人女性トリシャ・メリルを強かんしたとして、ハーレム出身の黒人の若者5人が不当逮捕された事件。5人は潔白を主張したが、警察の圧迫尋問により罪を認め、実刑判決を受けた。その後、別件で逮捕された男マティアス・レイエスが89年の事件の真犯人だと自白したことから、冤罪で服役していた5人は自由の身となり、ニューヨーク市との裁判の末、2014年に賠償金を獲得した。

 米Deadlineによれば、ドラマは5話構成で、不当逮捕されたアントロン・マクレイ、ケビン・リチャードソン、ユセフ・サラアン、レイモンド・サンタナ、カリー・ワイズの5人について1話・1人ずつ焦点を当て、刑事司法制度の機能不全を探っていくという。制作総指揮にはオプラ・ウィンフリーが名を連ねる。

 ちなみに、この事件は2012年にドキュメンタリー「The Central Park Five(原題)」(ケン・バーンズ&サラ・バーンズ&デビッド・マクホマン監督)が製作され、ピーボディ賞のほかさまざまなドキュメンタリー賞を受賞している。

【作品情報】
グローリー 明日への行進

【関連記事】
リアーナ&ルピタ・ニョンゴのTwitterネタが映画化!「グローリー」監督がメガホン
ベルサイユ宮殿の伝説のファッションショーをHBOがテレビ映画化 「グローリー」監督がメガホン
オプラ・ウィンフリー主演で「愛と追憶の日々」をリメイク

Photo by Amanda Edwards/Getty Images

エンタメアクセスランキング

  1. 1窪田正孝&永野芽郁、11歳差の大胆キス<僕たちがやりました>写真 7月25日12時00分
  2. 2藍沢(山下智久)にキス、白石(新垣結衣)&緋山(戸田恵梨香)に毒舌 ニューハーフの強烈キャラメリージェーン洋子再登場が話題<コード・ブルー第2話>写真 7月25日00時11分
  3. 3女子高校生からの求婚にジャガー「戸籍がありません」写真 7月23日10時05分
  4. 4指原莉乃、SNSでの批判にコメント写真 7月23日11時51分
  5. 5浅田美代子、元夫・吉田拓郎のもとに樹木希林&内田裕也が殴り込みに来た秘話明かす 7月23日10時55分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る