日刊アメーバニュース

汗タラ…でもファンデ崩れない!夏のドロドロを防ぐメイクの裏技3つ

2017年07月17日 22時00分
提供:美レンジャー

歩いているだけで汗がにじむ季節になりました。朝ばっちり化粧をして出かけても、お昼にはもう崩れてきて、「今からこんなんじゃ、真夏が怖い……」と不安を抱いている人もいるのでは?
ずっとキレイな肌でいたいけど、極力メイク直しの手間は省きたい。そんな人のために、崩れないベースメイクのテクニックを『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。
 
崩れないベースメイクのためにスキンケアに一手間
化粧をする前のスキンケアに“一手間”加えると、ベースメイクが崩れにくくなります。
過去記事「舞台女優のテクで“夏のドロヨレ顔”回避!崩れないメイクのコツ4つ」によると、ベタつく夏は肌が潤っていると勘違いされがちですが、紫外線や冷房のダメージが重なって乾燥状態にあります。まずはしっかり保湿を。その後、ティッシュを顔に当てて余分な油分をオフしましょう。
 
ファンデーションの前にルースパウダーを!
下地を塗り終わったら、ファンデーションの前にルースパウダーを少しだけのせましょう。
過去記事「ピタッと密着!湿気MAXでも“1日崩れないベースメイク”朝の秘策」によると、ルースパウダーをTゾーンや目尻、小鼻、ほうれい線など崩れやすい部分にのせるだけで、ファンデーションが崩れにくくなるそうです。これはルースパウダーは余分な皮脂や油分を吸着してくれるためなんだとか。
 
厚塗りはNG!顔の中心部に薄く塗る
ファンデーションは厚塗りすると崩れやすくなるので、薄く塗ることを心がけて。
過去記事「夏のスポ女子へ!汗をかいても崩れない“ヘルシーメイク”魔法の流儀」によると、生え際やフェイスラインギリギリまで塗る必要はありません。顔の中央部分にだけ薄く塗りましょう。
 
汗でベースメイクが崩れていたら、まわりから「うわ、汚い……」なんて思われてしまうかも。今回ご紹介したテクニックをぜひ取り入れてみてくださいね。
 
 

【関連記事】
え…パウダーファンデでもOK!? 旬な「ツヤ肌」を叶えるメイクテク3つ
おブス顔がササッと復活!美容ライターの「メイク直し」神ワザまとめ
夏のドロドロ汚顔を撲滅!「メイク崩れを防ぐ神テク」まとめ
げっ…ギトギト!夏の「テカリガール」を救う美肌ケア術まとめ
男が絶句!みっともないと思う「女性の化粧崩れ」TOP8&汚顔予防テク

コラムアクセスランキング

  1. 1ここは夢の国! ディズニーランドで遭遇したムカつく客3選写真 7月21日09時00分
  2. 2【2017年最新】「センスいいね!」と褒められる絶品東京駅土産TOP・10写真 7月21日10時01分
  3. 3母乳はどのように作られているの? 5つの栄養素と粉ミルクとの違い写真 7月21日10時00分
  4. 4夏場のお弁当はホカホカよりキンキンで! 「冷たいお弁当」で夏バテ知らず写真 7月21日06時30分
  5. 5アイテムごとに工夫しよう! 室内干しでも洗濯物を早く乾かすプロ技写真 7月21日06時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る