日刊アメーバニュース

マーク・ハミルからメッセージ「日本の皆さんに、あらん限りの幸運を」

2017年07月17日 19時43分
提供:ORICON NEWS

 米カリフォルニア・アナハイムで開催されたディズニーの公式ファンクラブイベント『D23 Expo 2017』で現地時間15日、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプレゼンテーションに登壇したルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル(65)をステージ裏で直撃取材した。

【動画】衝撃作の予感大『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像

 この日は、ライアン・ジョンソン監督、出演者のデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、グェンドリン・クリスティー、本作からの新キャスト、ケリー・マリー・トラン、ローラ・ダーン、ベニチオ・デル・トロらと久しぶりに再会。

 マークは「すばらしいよ。だって、物語の中ではみんな、それぞれが自分自身の冒険に忙しくて、参加している俳優の多くとは一緒になるシーンがなかった。皆、僕が憧れを持つような俳優さんだからね。(イベントで)一緒になる機会というのはとても楽しいんだ。映画づくりをしている時のような緊張感がなく、リラックスして会うことができるから」と、笑顔を見せていた。

 内容については徹底したかん口令がしかれている本作。「多くのスター・ウォーズファンは、ルークのアクションシーンがもっと観たいと思っています。私たちは期待していていいでしょうか?」と尋ねると、「ひとつ言えることは、『フォースの覚醒』の時より、『最後のジェダイ』のほうが、僕の出番は多いし、より深く物語にかかわっていると思う」と、答えてくれた。

 最後に、日本のファンにメッセージを求めると、マークは「ご存じないかもしれませんが、私は高校生の2年間を日本で過ごしました。日本は僕の一部で、僕の心の近いところにいる、とても親しみを感じます」と、告白。父親が海軍に勤めていた関係で、神奈川・横須賀に住み、横浜の「アメリカンスクール」に通っていたという。

 「日本をまた訪れることができる日が来るのを待ちきれません。日本は良い国であるだけでなく、驚くような映画ファンのいる国なんです。これまで会った中で、もっとも熱心で最も数が多いんじゃないかな。本当に日本に行くことを楽しみにしています。日本の皆さんに、あらん限りの幸運が訪れることを祈ります」と、呼びかけていた。

 マークは、ウォルト・ディズニー社が与える最高の栄誉とされる「ディズニー・レジェンド」にも選出され、14日の授賞式にも出席した。


【関連記事】
『最後のジェダイ』は「予期しない要素」が多い!? 新キャラの名前は「ポーグ」 (17年07月16日)
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像公開 (17年07月16日)
ティム・バートン監督が『ダンボ』実写化 『ライオンキング』『アラジン』も続々 (17年07月16日)
『アベンジャーズ』最新作キャストが「アッセンブル!」 (17年07月16日)
ディズニー・レジェンド授賞式 スタン・リー、マーク・ハミルら出席 (17年07月15日)

エンタメアクセスランキング

  1. 1女子高校生からの求婚にジャガー「戸籍がありません」写真 7月23日10時05分
  2. 2指原莉乃、SNSでの批判にコメント写真 7月23日11時51分
  3. 3浅田美代子、元夫・吉田拓郎のもとに樹木希林&内田裕也が殴り込みに来た秘話明かす 7月23日10時55分
  4. 4杉浦太陽、200箇所毛虫に刺される 心配の声相次ぐ写真 7月22日17時02分
  5. 5松本薫、子育てで母性芽生える「ビックリするくらいかわいい」 第1子出産後初公の場写真 7月23日15時21分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る