日刊アメーバニュース

美しすぎる「レインボーラテ」を飲んでみた!その味は?--都心の隠れ家カフェ「ROAR(ロアー)」

2017年07月17日 09時30分
提供:えん食べ

目を疑うほどに美しいラテが飲めるカフェを見つけました。東京・八丁堀にある「ROAR COFFEE HOUSE & ROASTERY(ロアーコーヒーハウスアンドロースタリー)」。店内はさほど広くありませんが、イートインもできます。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

口コミでじわじわ話題になっているのが、ここで提供されている“レインボーラテ”。希望する場合は店員さんに伝えると、食紅を使ったカラフルなラテアートを施してくれるのです!

◆美しすぎるレインボーラテアート
レインボーラテアートは、ブラウンの背景か白い背景のどちらかを選べます。また、コーヒー豆も「エチオピア」または「ロアーウルフブレンド」の2種類から好きな方をチョイスして。

店員さん「少しお時間いただきます」と言いつつも、さほど待たずに運ばれてきたレインボーラテ。…なにこれ綺麗すぎない?クジャク?

赤、青、みどり、黄色…鮮やかな色が目に飛び込んできて、気づいたら何度もカメラのシャッターを切っていました。スプーンで混ぜてみたらレインボーカラーがマーブル状になって、なんかもう宇宙の神秘みたい。もったいなくてなかなか飲めません!

それでも早くしないと冷めちゃうので、別添えで提供されるエスプレッソを注いでいただきます。

色鮮やかな液体が口の中に入ってくる瞬間はやはり少し緊張しますが、味はとっても本格派!こんなインパクト満点のビジュアルながら、きめ細かい泡のおかげで「ふわん」とやわらかく至極まろやかな口あたり。そして香ばしいエスプレッソの味わいと、ミルクのやさしいコクが広がります。あー、おいしい!

泡は飲み終わるまできめ細かく、ふわふわのままだったので感動しました。そして、このレインボーカラーは特に味には影響していませんでした!

なお、テイクアウトでもレインボーラテアートは作ってくれるそうです。(が、カップの口が小さいので、より見栄えがいいのはイートインのコーヒーカップだと思います)

◆食パンのホットドッグも
コーヒーだけでなくフードメニューも色とりどり。筆者はこの日ホットドッグ(280円)をいただきました。

ここのホットドッグはちょっとユニークで、食パンで太いソーセージを挟んであります。ソーセージはスモーク風味かレモン風味から選べるので、今回はスモークをチョイス。

ぷりっぷりジューシーなソーセージは、かぶりついてぷちっと皮を破ると、一気に肉汁がじゅわっとあふれ出します。ほんのりスモーキーな燻製フレーバーが食欲をそそる!

さらに刻んだすっぱいピクルスがさっぱりと味を引き締めます。そしてこれを抱き留める、ふかふかもっちりの食パン。お好みでケチャップとマスタードをかけてどうぞ。

ランチタイムの12時を過ぎると店内は満席、さらにテイクアウトのお客さんも入れ替わり立ち替わりやってきて、ピーク時には列ができるほどの盛況ぶりでした。店員さんもみなさん気さくで、常連さんも多いみたい。

東京のど真ん中にあるのに、ちょっとした隠れ家感のある愛されカフェ。日常を忘れてリラックスしたいとき、ふと立ち寄りたくなるお店です。


【関連記事】
スピッツの名曲がカフェメニューに!タワレコカフェ「SPITZ 30th ANNIVERSARY CAFE」
町田の人気カフェ「ラテグラフィック」が自由が丘に進出!“メルボルンスタイル”のコーヒーと朝食を
“ご近所スタバ”に新メニュー!バニラアイスとブラウニーが溶け合う「キャンディード アーモンド サンデー」
なつかしい~!パトラッシュやアンもいる、「世界名作劇場 Fan Fun Kitchen(ファン ファン キッチン)」相模原に

経済アクセスランキング

  1. 1マックカフェにパインヨーグルトスムージー!お得な「穴割り」も登場写真 7月25日12時00分
  2. 2キットカットなのに しっとり!? 贅沢でユニークな新スイーツ誕生写真 7月25日11時26分
  3. 3ファミマに新登場!「ベーコンチーズおむすび」を食べてみた写真 7月24日17時33分
  4. 4コク深いのに爽やか!「午後の紅茶 チョコミントミルクティー」を飲んでみた--清涼感あふれる後味写真 7月24日17時00分
  5. 5大きくてシワの多い「大粒幸せきのこの山」が誕生!きのこの山の日1周年を記念--あのライバルが紛れ込んでるかも?写真 7月24日18時35分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る