日刊アメーバニュース

歯磨きの時間を10秒に!…全部の歯を同時に磨く電動歯ブラシ「Amabrush」

2017年07月16日 06時30分
提供:インターネットコム

「Amabrush」は歯磨きの時間を10秒に短縮する電動歯ブラシ。米国サンフランシスコに本拠を置くAmabrushが開発した。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

電動歯ブラシ自体はもはや珍しいものではない。だが、その形状は従来の歯ブラシから進化しておらず、一度に磨ける歯の本数は従来の手磨き歯ブラシと同じだ。

その点、「Amabrush」は手動ではなく電動であることのメリットを最大限に活用。すべての歯を同時に磨くことで、歯磨き時間10秒を実現した。

すべての歯を同時に磨いたとしても、10秒は少な過ぎるのでは?とも思ってしまう。だがAmabrushは従来型の歯ブラシで2分間歯磨きをした場合、歯は1本あたり1.25秒間程度しか磨かれていないと主張する。一方、「Amabrush」であれば、すべての歯が10秒間しっかり磨かれるので、8倍の時間となる10秒間磨かれたことになるという。

「Amabrush」はブラシ付きのマウスピースと、モーターを内蔵したハンドピース、そしてワイヤレス給電規格「Qi」に対応した充電ステーションから構成される。ハンドピースはフル充電すれば28回の歯磨きに対応。例えば2週間の旅行であっても、「Amabrush」は充電なしで利用可能だ。

ハンドピースとマウスピースはマグネットにより、ワンタッチで取り付け/取り外しが可能。複数の人が、ハンドピースを共有できる。

使用するには歯ブラシの付いたマウスピース部分を口にセットし、底面のボタンをプッシュする。そのまま約10秒待ったあと、マウスピースを口から取り出して水洗いすれば、歯磨きは終わりだ。歯磨きペーストは、マウスピースから自動的に供給される。

手で歯を磨く場合とは異なり、歯磨き中は両手がフリーになる。このため、歯を磨きながら、朝のあれこれを進めることが可能だ。

Amabrushは「Amabrush」の市販化に向け、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、79ユーロの出資と20ユーロの送料で「Amabrush」を1つ入手可能だ。出荷は2017年12月に予定されている。


【関連記事】
手持ちの歯ブラシをスマホと連携―歯みがきをゲームにできる「シャカシャカぶらし」
スマホで遠隔操作できる乾電池「マビー」―ミニ四駆を走らせたり止めたり!
光るつけま「f.lashes」…LEDをつけまつる
「何か音楽を再生して」―話しかけると動作するAIスピーカー「WAVE」先行発売

ITアクセスランキング

  1. 1分けて洗いたい洗濯物専用の第2の洗濯機としてオススメな小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」写真 7月25日17時00分
  2. 2社員の身体にマイクロチップを埋め込み…米国企業Three Square Marketによる試み写真 7月25日17時40分
  3. 3「ミヤネ屋」での発言で浅野史郎・元宮城県知事が平謝り!? 高須克弥院長の裁判で 7月26日09時45分
  4. 4【冷やし菓子】キリン×森永がコラボした『午後の紅茶クッキー』が期間限定登場 紅茶と食べ合わせてみた 7月24日18時30分
  5. 5うな丼をワンコイン(500円)で提供! うなぎ専門店 うなどん丼が秋葉原に土用丑の日オープン!! 7月25日17時50分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る