日刊アメーバニュース

「心桜」なんて読む?子どもの名前人気トップ

2017年07月14日 12時45分
提供:インターネットコム

2017年上半期に子供(こども)につける名前で最も人気が高かったのは「心桜」。iPhoneやAndroidスマートフォン向けに命名アプリケーションを開発するリクスタが発表した。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

リクスタが手掛ける「赤ちゃん名づけ」のアプリとWebサイトから、アクセス数が多かった名前を抽出、審査してランキングを作成した。集計期間は1月1日~6月30日。

心桜は前年の同じ時期もトップに入るなど息の長い人気が続く。「桜のようにみんなから愛される優しい子に」といった意味をこめて名づけるのだそう。

ちなみに読み方は色々で「こころ」「こはる」「ここあ」「ここな」「ここみ」「さくら」「しお」「しおり」「しおん」「みくら」「みさ」「みさき」「みゆ」「みら」「りお」「みお」「こさき」などがある。

第2位は急上昇の「紬」。過去1年で大きな注目を集めている名前だそう。読み方は「つむぎ」が主流だとか。

第3位は「颯」。音楽グループDa-iCE(ダイス)の「和田颯(わだはやて)」氏など有名人もいて、「かっこよく、たくましく」「風が吹く」といった名づけのメッセージがみられる点からも、颯爽とした雰囲気が人気を呼んでいるとか。

ちなみに前年の圏外から今年上位30位以内に入った名前が16件あり、トレンドがが大きく入れ替わっているそう。2位の「紬」のほか6位「瑛」、12位「鳳」、18位「凜」、19位「陽」、23位「恵」、24位「駿」、28位「澪」といった一文字の名前が目立つ。

どれも以前に一度人気を集めた名前であり、再び注目を浴びて回帰傾向とも呼べる現象がみられるそう。


【関連記事】
テレビにつないでGO!…マスコン型ゲーム機『電車でGO! PLUG & PLAY』【アマゾンプライムで何買う?】
日本の“ママチャリ”は米国で成功するか?…シマノ製ドライブユニット&バッテリーを搭載した「CERO One」
「なぜかシステムエンジニアに好評なTシャツ」―いったいどんな柄?
危険な「ヒアリ」、ほかのアリとどう違う?―東京都が見分け方を公開

ITアクセスランキング

  1. 1神谷えりな(仮面女子):拡散する写真集「ガジェット女子」 6月19日17時00分
  2. 2ピカチュウラッピング自動販売機が横浜に登場 スペシャルムービーも公開 7月22日09時00分
  3. 3関東甲信など広い範囲で梅雨明け 今後の暑さはどうなる?…ウェザーニューズが「2017年猛暑見解」を発表写真 7月19日15時10分
  4. 4『スプラトゥーン2』発売でSwitch本体の駆け込み需要が加速! ビックカメラAKIBAの抽選販売には約1000人が参加 7月21日11時40分
  5. 5LINEと「ONE PIECE」コラボ―1~60巻無料、尾田栄一郎氏描きおろしイラストも写真 7月21日14時05分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る