日刊アメーバニュース

効能でみるエッセンシャルオイル基本の12種

2017年06月19日 19時23分
提供:Walkerplus

エッセンシャルオイルには数百もの種類があり、その効能も様々だ。植物によって抽出部位が異なり、多くは花と葉から抽出されている。香りはもちろん、効能が多様であるエッセンシャルオイルを集めるのもアロマセラピーの楽しみのひとつ。単体でも、ブレンドしても楽しめるアロマオイル12種を紹介する。

【写真を見る】新鮮な草木の香りが特徴のローズマリー

■ Lavender/ラベンダー

フレッシュな甘い香りを持つシソ科の植物。万能オイルとして知られ、ストレスや眠れないときに最適で、さらに殺菌消毒効果にも優れている。

■ Rosemary/ローズマリー

新鮮な草木の香りが特徴のシソ科の植物。血行をよくして心身を活性化する働きに優れおり、仕事などで集中力をアップしたいときにぴったり。

■ Peppermint/ペパーミント

爽快な香りで心身をクールダウン。迷いがあるときや新しい一歩を踏み出したいとき、また、鼻づまりや頭痛、体臭が気になるときにも効果的だ。

■ Clary sage/クラリセージ

落ち着きを取り戻し、穏やかな気分にさせるビタースイートな香り。高価だが、リラックス作用はピカイチで、深い眠りに導いてくれる。

■ Orange/オレンジ

リラックス作用と気分を適度に高揚させる作用をあわせ持っている。やる気をなくしたときやストレスからくる頭痛、消化器系のトラブルに利用しよう。

■ Mandarin/マンダリン

甘い柑橘系の香りは鎮静がキーワード。作用も穏やかで、子供を寝かしつけるときにも安心だ。また、腸の働きがよくなるので、便秘にも効き目がある。

■ Eucalyptus/ユーカリプタス

強力な殺菌消毒作用から、豪州の原住民の治療薬とされてきた。スーッとする香りは呼吸器系によく、せきなどのどのトラブルに最適だ。

■ Cypress/サイプレス

針葉樹の葉から。ヒノキのようなフレッシュな香りが特徴で、集中力を高めたいときに。スキンケアやお腹を壊したときにも効果あり。

■ Neroli/ネロリ

ビターオレンジの花から抽出されたオイル。フレッシュで優しい香りは不安感が強いとき、頭が混乱したときなどに心の守り神となってくれるだろう。

■ Chamomile Roman/カモミール ローマン

「マザー・オブ・ハーブ」と呼ばれるキク科の花。鎮静、緩和がキーワードで、イライラや眠れないときに。甘いンゴのような香りでリラックスできる。

■ Frankincense/フランキンセンス

カンラン科の低木の樹脂。インドや中国でお香に使われてきたスパイシーかつ甘い香りはストレスを和らげつつ集力を高めてくれる 。

■ Vetiver/ベチパー

イネ科の植物の細根。大地を思わせる土臭い香りが心を落ち着かせ、活力を与える。ストレスや不眠、心がそわそわしたときにも効力を発揮。【東京ウォーカー】


【関連記事】
七夕に先駆け登場!”星と癒し”を楽しめるアロマが香るキャンディ
男が上がる!ショップ店員直伝“俺のアロマブレンド”6選
男でも通いやすい!“俺のアロマ”が買えるおすすめ6店
初心者なら知っておきたい!アロマを楽しむ基礎知識

経済アクセスランキング

  1. 1マグロが大きくなっちゃった! かっぱ寿司が「大トロ&中トロ」1.5倍企画写真 8月17日10時12分
  2. 2「ミスド」や「銀だこ」が毎週無料に!? 携帯電話会社のお得すぎる「無料クーポン」が話題写真 8月16日07時00分
  3. 3絶対ウマい!ハーゲンダッツに秋の味「安納いも」--甘くねっとりとした安納芋ソース入り写真 8月17日11時30分
  4. 4アメリカで大人気!M&MS「ピーナッツバター」が日本上陸--塩味があとを引く濃厚な味?写真 8月15日16時00分
  5. 5ここでしか食べられない!ゴディバの世界初となる新コンセプトストアが池袋に誕生写真 8月16日16時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る