日刊アメーバニュース

渋滞している高速道路の走行がより楽に!…SUBARUの「アイサイト」に新機能「ツーリングアシスト」

2017年06月19日 13時15分
提供:インターネットコム

SUBARUは運転支援システム「アイサイト」に「ツーリングアシスト」を搭載。本年夏発表予定の新型「レヴォーグ」「WRX S4」に全車標準装備とする。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

「アイサイト」はSUBARUが2008年に発表した運転支援システム。ステレオカメラにより、人の“目”と同じように距離を測れるのが特徴。この“目”から得た情報と走行状況をもとに、“頭脳”にあたるソフトウェアが必要な制御を判断し、状況に合わせてクルマの各ユニットを“手足”のように適切に制御する。

新機能「ツーリングアシスト」は、高速道路などを走行しているとき、ステレオカメラが区画線だけでなく先行車も認識。先行車についていきながら、車線内の中央付近を維持するようアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御する。区画線だけでなく先行車も認識できるようになったことで、区画線が見えにくくなる渋滞時やカーブなどでも、先行車に合わせて車線内を走行し、安定して車線中央を維持できるようになった。

「ツーリングアシスト」が搭載される新型「レヴォーグ」「WRX S4」には、SUBARU国内仕様初となる「後退時自動ブレーキシステム」も採用される。さらに「アイサイトセイフティプラス」をメーカー装着オプションとして設定することで、総合安全性能を高めている。

SUBARUは公式Webサイト内に専用ページを開設。進化したアイサイトのムービーコンテンツを公開している。


【関連記事】
SUBARU、STIハイパフォーマンスカー「WRX STI TYPE RA」「SUBARU BRZ tS」を米国市場に投入
SUBARU、「レヴォーグ」「WRX S4」を大幅改良…進化したアイサイトを搭載
SUBARU「WRX STI」に大幅改良モデル…ハンドリング性能が更に向上
SUBARU、新型「プレオ プラス」発売

ITアクセスランキング

  1. 1【衝撃】高いのか安いのか? 1杯1100円のかき氷を食べてみたよ 8月21日10時00分
  2. 2「福山、インスタ始めました」 福山雅治さんが『Instagram』を開始しフォロアーが即10万人突破! 8月20日20時20分
  3. 3ウッドデッキが居間?! 幾何学模様の間取り?! トンデモ間取り満載の不動産情報サイト『Y澤不動産』の全貌を解説! 8月20日15時00分
  4. 4中日新聞社説「一日も速く時給1000円に到達すべき」 自社のアルバイトは910円で募集だと話題に 8月19日21時45分
  5. 5フォルクスワーゲンバスみたいな「I.D. Buzz」、市販化へ!写真 8月21日17時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る