日刊アメーバニュース

伊藤「準備万端で冬へ」=スキージャンプ陣が合宿

2017年06月19日 18時36分
提供:時事通信

 ノルディックスキー・ジャンプの全日本チームの合宿が19日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で始まり、来年2月の平昌五輪でメダル獲得が期待される女子の伊藤有希(土屋ホーム)らがジャンプ練習に励んだ。
 伊藤は「タイミングが遅れる癖があるので、冬までに仕上げたい」と意欲的で、5月から既に30本ほどのジャンプをこなした。昨季は思うような飛型点が出せなかったことから、完成度の高い着地姿勢もオフのテーマに掲げる。空中で操作しやすい短めのスキーも試し、「準備万端で冬に入りたい」と抱負を述べた。
 男子の伊東大貴(雪印メグミルク)はあと1週間ほどはジャンプ練習を封印し、陸上トレーニングで鍛える計画。「大事なシーズン。悔いが残らないようにやりたい」と冬を見据え、竹内択(北野建設)は「メダルを取らないと意味がない。自分が引っ張りたい」と意気込んだ。
 合宿は21日まで。男子の葛西紀明(土屋ホーム)、女子の高梨沙羅(クラレ)は参加しない。 [時事通信社]

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る