日刊アメーバニュース

95歳夫君引退 91歳エリザベス女王の進退は

2017年05月20日 05時58分
提供:デイリー新潮

 英王室の高級スタッフに緊急招集がかけられた――。5月4日、英メディア各社は一気に緊張した。

「誰もが“どっちだ?”とまずは考えたはずです」

 と話すのは、ある全国紙の外信部デスク。

「エリザベス女王91歳、フィリップ殿下95歳。王室の突発事態として可能性が一番高いのは、やはり夫妻の体調急変ですからね」

 結果的に肩透かし……などとはさすがに辛口の英紙も書かなかったが、バッキンガム宮殿から公表されたのは、エジンバラ公フィリップ殿下の今秋以降の〈公務からの引退〉だった。

 90歳を超えてからは何度か病気入院もしている殿下。だが、発表直後にあった昼食会でも、立ち話をしながら引退を話題に「あんまり立ち上がれないし……」とジョークを飛ばすほど矍鑠(かくしゃく)として、昨年も219件の公務をこなしている。

「その分、自分の弱いところを世間に見せたくない気持ちも強い。それが引退の本当の理由でしょう」

 と見るのはある在英ジャーナリスト。実際、引退は殿下本人の鶴の一声で決まり、公益団体の後援者(パトロン)や会員(メンバー)としての活動は今後も続けると発表された。

 しかしそれならば、いずれは女王も同様に段階的な引退となるのだろうか。

「あり得ないですね。それどころか、殿下引退の穴を埋めてチャールズ皇太子やウイリアム王子など王室メンバーが交代で女王の公務に同行するための組織〈チーム・ウインザー〉が検討されているほどです。そもそも女王は、“命ある限り、この身を国と国民に捧げる”と誓っています」(同)

 いま68歳の皇太子は、どこか不人気。80歳を超えても皇太子のままでいいさ、と英国民も考えているそうだ。

「週刊新潮」2017年5月18日菖蒲月増大号 掲載


【関連記事】
90歳エリザベス女王も――諸外国の退位事情とは
トランプ大統領、90歳エリザベス女王とのゴルフを希望 初の首脳会談で
ダイアナ妃“没後20年” 王子2人の献身
ジェームズ・ボンドの正体は鳥類学者だった! 世界一有名なスパイの意外なルーツ
ロシア外交のカギを握る「プーチンに狙われる女性学者」とは

国内アクセスランキング

  1. 1両陛下と皇太子さま黙とう=沖縄慰霊の日、雅子さまも 6月23日18時58分
  2. 2「乳がん啓発につながった」=麻央さんブログに患者団体 6月23日19時46分
  3. 32歳男児ひかれ死亡=自宅前、父運転の車に-大阪府警 6月24日12時33分
  4. 4女子生徒とみだらな行為=高校教諭を懲戒免職-大阪府 6月23日17時39分
  5. 5遊園地で小6男児転落=青森から修学旅行中、軽傷-北海道 6月22日20時02分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る