日刊アメーバニュース

子どものインフルエンザの症状・潜伏期間・流行時期

2017年04月21日 22時00分
提供:イクシル

毎年流行し、子どもから大人まで感染するインフルエンザ。特に、あまり抵抗力のない子どもは重症化することもあるため、注意が必要です。子どものインフルエンザでは、どのような症状が現れるのでしょうか?
インフルエンザは何に感染することで起こるのか インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる急性感染症です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類があり、世界中で繰り返し流行しています。日本では通常、11月下旬から12月上旬頃にその冬最初の感染が確認され、1~3月にピークを迎えて5月頃には収束を向かえるパターンがほとんどです。感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染し、呼吸器系に感染します。予防としては、インフルエンザワクチンの接種、マスクの着用、手洗いやうがいが有効です。
インフルエンザの症状は? 子どものインフルエンザには、以下のような症状が見られます。

・頭痛 ・腹痛 ・下痢 ・何日も高熱が続く ・脱水症状 ・食欲不振 ・嘔吐、吐き気  ・咳 

かぜの症状と似ていることも多く、見逃してしまいがちですが、かぜの場合、主な症状はのどの痛みや咳、鼻水、発熱で、関節痛や筋肉痛などの全身症状はほぼ見られません。インフルエンザの潜伏期間は1~3日で、その後発熱や倦怠感などの症状が急に現れ、3~5日程続いたあと回復に向かいます。
「インフルエンザかも」と思ったら、すぐ病院に連れて行くべき? 小さい子どもの場合、急な熱の上がり始めには不機嫌になったり吐き気を催したり、頭痛が起こるなどの症状が現れますが、熱が上がりきるとこれらの症状は落ち着くことがほとんどです。熱が上がりきっても頭痛や腹痛、嘔吐がおさまらない、痙攣を起こす場合は速やかに病院を受診してください。

まとめ
子どもの場合、幼稚園や学校に行くだけでもインフルエンザウイルスに感染する可能性があります。インフルエンザが流行っている時には、せめて休日は人がたくさん集まる場所にはできるだけ行かない、マスクを着用させる、帰って来たら必ず手洗い・うがいをするなど、しっかり対策しましょう。

【関連記事】
【徹底解説】インフルエンザの予防や症状、治療薬の副作用や予防接種の時期、検査や合併症について
子どものかぜの原因と完治に向けた環境作り
子どもの感染性胃腸炎の主な原因と対策方法
子どもの急性下痢の原因と治療法
子どもが条虫症に感染した場合

コラムアクセスランキング

  1. 1おぎやはぎもドン引き! 「海で見たブス」があるあるすぎる写真 7月25日17時00分
  2. 2妻への復讐劇!? 離婚までの道のりを「スクショ」で報告する男写真 7月23日12時15分
  3. 3巨乳よりも色っぽいかも…?貧乳が目立たないファッション5選写真 7月25日12時00分
  4. 4夏の不調は「クーラー病」かも? 寒さから身を守る6つの対策写真 7月23日20時00分
  5. 5【特集】夏の美ボディは甘酒で!身体の中から健康&キレイに写真 7月26日10時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る