日刊アメーバニュース

恋人を失った悲しみを乗越えて、タイのメガネ男子が2位で決勝Rへ

2017年04月21日 20時45分
提供:ALBA.Net

<パナソニックオープン 2日目◇21日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

国内男子ツアーのアジアンツアーの共催試合「パナソニックオープン」は2日目の競技が終了。この日“68”をマークしたタイのパヌポール・ピッタヤラットがトータル7アンダーで2位タイに浮上した。

タイと言えば…やっぱりこの人、マークセン
ピッタヤラットは2週間前にタイで行われた「シンハ マスターズ」に出場中、3年間交際してきた彼女が交通事故で亡くなったことを知らされた。その大きな悲しみの中で、友人や家族、そして彼女の家族からもサポートを受けながら戦い続け、同大会で見事に優勝を果たした。

悲しみは覚めやらぬが、今週も戦いを続けているピッタヤラット。「良いゴルフができています。パットも良く、トラブルのないゴルフができている」と安定したプレーで優勝を射程圏内に捉え週末へ。

「難しい気持ちはありますが、前に進まないとと思っています。自分がやらなければいけないことを今週もやるつもりです」と現在の心境を話したピッタヤラット。彼女は「たぶん見ていてくれて、勇気を与えてくれると思います。信じています」。悲しみを抱えながらも前を向いて戦い続けるタイのメガネ男子。2週間前に続き、今度は日本から天国の彼女へ優勝を届けることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
シニアツアー開幕戦が決着!リーダーボードで結果をチェック
イ・ボミ、悲しみを乗越え復帰戦へ、父の願い“賞金女王”獲る!
藤田光里、イベントで見せた“プロ根性”!悲しみの中でも笑顔絶やさず
A・パーマー死去で悲しみにくれた2016年のゴルフ界

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る