日刊アメーバニュース

もしかして更年期?長く続く褐色のおりもの

2017年04月21日 21時00分
提供:イクシル

生理の後に、おりものが2週間も続いている女性から相談が寄せられました。また、おりものが茶色や褐色の場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。更年期や閉経も関係しているのでしょうか。
40代女性からの相談:「月経後に長く続くおりものについて」
『月経後、薄く色のついたおりものが2週間以上出続けています。月経が続いているわけではないですが、月経が1週間、おりものが2週間、そしてまた次の月経が始まります。ずっと生理用品などを使用するため、肌もかぶれがちで気が重いです。来年50歳になりますが、閉経までこのまま我慢するしかないのでしょうか?(40代・女性)』

長く続く茶色や褐色のおりものについて 茶色や褐色のおりものが2週間も続くことは、単に子宮内に残っていた生理の経血ではないようです。専門家からは、なんらかの不調や更年期との関連が指摘されています。

『生理後に、子宮内に残っていた血液が茶色や褐色のおりものとして少しずつ排泄されることは考えられます。しかし2週間も続くというのは、なんらかの不調が起こっている可能性もあります。医師に相談することをお勧めします。(看護師) 』


『更年期になると、ホルモンのバランスが乱れることで不正出血が起こり、茶色や褐色のおりものが増えることがあります。ストレスや疲労によってもホルモンバランスが乱れ、不正出血を招くこともあります。(看護師) 』


『相談者さんの年齢を考慮すると、更年期でホルモンバランスが乱れている可能性があります。(看護師) 』

子宮筋腫や細菌性感染症などの病気の場合にも、褐色のおりものが増えることがあります。一度病院を受診し、検査・診察を受けましょう。(看護師)
ホルモンバランスの乱れと向き合うこと 個人差はありますが、相談者さんの年齢の場合ホルモンバランスの乱れにより様々な症状が起こりやすい年代に入っているようです。ホルモンバランスの乱れを整えることが、症状の改善につながります。

『一度婦人科で相談してみてください。漢方などの内服で症状を緩和できるかもしれませんし、ホルモンバランスを調整する一助にもなると思います。(看護師) 』


『ホルモンバランスを整えるために、生活習慣を振り返りましょう。バランスを意識して食事を和食にしたり、疲れを溜めないようにすることも重要です。身体を冷やさないことも、ホルモンバランスを整えることにつながります。(看護師)』

ホルモンバランスの乱れからくる不調は、ホルモンバランスを整えることで改善可能のようです。婦人科の医師へ相談したり、生活習慣を見直すなど何らかのの対策を心がけましょう。

【関連記事】
生理中の排便痛・肛門痛とチョコレート嚢胞の関係は?
排卵後のおりもの。量が多く臭いもあるが多嚢胞の影響?
生理前になるとおりものは増える?その理由とは?
この量、普通?毎日おりものシートが必要です
排卵期のおりものの状態が、妊娠へ影響するって本当?

コラムアクセスランキング

  1. 1実は健康に悪かった?! やめた方がいい定番の朝食メニューとは?写真 8月15日18時00分
  2. 2秋素材を先取り♡『3coins』秋のプチプラ新作アイテムをPICK!写真 8月15日21時05分
  3. 3びっくり!東京の飲み会で出会った「お金持ちの社長さん」に共通すること・4つ写真 8月14日19時30分
  4. 4今秋マストハブ!「GU」の大人気チノパンがたった2000円に見えないクオリティ&脚長効果!写真 8月15日19時00分
  5. 5男はなぜBBQグリルの前に立ちたがるのか?料理女子からは「迷惑」の声も写真 8月15日06時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る