日刊アメーバニュース

イケメンすぎてヤバいウェントワース・ミラー、8年ぶり新作でブーム再び!

2017年04月21日 20時09分
提供:MOVIE Collection

今期からの新ドラマも続々とスタートし、さまざまな評価が飛び交っているところだが、現在ある海外ドラマの復活が話題となっているようだ。そこで、早速4月12日〜18日のHulu週間ランキングを覗いてみたい。

今回、海外ドラマ部門だけでなく、総合でも一躍トップに躍り出たのは、4月10日よりシーズン5の日本公開が始まったばかりの『プリズン・ブレイク』。ドラマの放映が開始された当初に一大ブームを巻き起こした伝説的な作品だけにその人気はいまだに根強く、8年振りとなる新シーズンを待ち望んでいたファンが多いのは言うまでもない。しかも、今回は舞台を中東に移し、国境を越えた過去最大の脱獄計画。

すでに、オリジナルキャストとスタッフの再集結だけでなく、衝撃的な展開のスタートに、視聴者は熱狂の渦に巻き込まれている様子だ。復活に際して、主人公のマイケルを演じているウェントワース・ミラーは、「ファンを失望させるくらいなら制作をやめよう」と語っていたほどの意気込みで挑んでいるだけに、期待を裏切ることはないだろう。

ここ8年で社会も大きく変わったが、この作品に関しては、「一度ハマったら抜け出せない“脱獄不能な面白さ”は変わらない」と言えそうだ。長いときを経て、どれほどパワーアップしているのか、新たな伝説の始まりを自分の目で確かめてみては?(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 4月12日〜18日の週間ランキング/海外ドラマ】
1位『プリズン・ブレイク』
2位『ウォーキング・デッド』
3位『ウェントワース女子刑務所』
4位『ウエストワールド』
5位『マジシャンズ』
6位『エメラルドシティ』
7位『Banshee/バンシー』
8位『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
9位『タイラント −独裁国家−』
10位『Black Sails/ブラック・セイルズ』

【関連記事】
ウェントワース・ミラーのセクシー目線にクラッ!
ココロのスキマを埋めてくれるあの男が人気急上昇!
ウェントワース・ミラー「緊張感の中にもユーモアは必要」
[動画]ウェントワース・ミラーらがレッドカーペット

エンタメアクセスランキング

  1. 1『ミヤネ屋』高須院長に謝罪 裁判めぐる発言「誤解を与えた」写真 7月26日15時44分
  2. 2佐々木希、真っ白なエプロン姿披露 「わっくん待ってるの?」渡部建を羨む声写真 7月26日11時15分
  3. 3窪田正孝&永野芽郁、11歳差の大胆キス<僕たちがやりました>写真 7月25日12時00分
  4. 4藍沢(山下智久)にキス、白石(新垣結衣)&緋山(戸田恵梨香)に毒舌 ニューハーフの強烈キャラメリージェーン洋子再登場が話題<コード・ブルー第2話>写真 7月25日00時11分
  5. 5西川史子、ベッドシーンで受けた注意「本気でやり過ぎた」写真 7月26日16時49分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る