日刊アメーバニュース

エアバスA321neo初号機を納入--ヴァージン・アメリカが5/31より商業運航

2017年04月21日 12時47分
提供:マイナビニュース

エアバスは現地時間の4月20日、エアバスA321neoの初号機を独ハンブルクで引き渡したことを発表。CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを搭載したA321neo初号機は、全機エアバス機で運航している米国のヴァージン・アメリカに納入された。

A320neoは騒音レベルを大幅に削減し、前世代機と比較して騒音影響範囲をわずか半分に抑えている。燃費を節減する大型のウイングチップであるシャークレットを備え、窒素酸化物の排気は航空環境保全委員会(CAEP)による規制要件を50%下回る量に抑える。また、A321neoはヴァージン・アメリカが運航中の従来型と比較して燃費を少なくとも15%削減することが実証されている。これは、年間1機当たり二酸化炭素排出量を5,000t削減することに相当する。

A321neoはA320neoファミリーの最大機種であり、高需要路線や長距離路線など幅広い市場に対応し、現在、受注残は1,300機を超えている。なお、ヴァージン・アメリカは現在、CFM インターナショナル社製CFM56-5Bエンジンを装備するA319ceoとA320ceoを合計63機運航させている。

A321neoはヴァージン・アメリカの機材の中で最大機種となる。185席を装備し、現在運
しているA320より快適性は変わらず輸送量が24%増加する。客室内では、乗客はタッチスクリーン式機内エンターテイメントやオンデマンドの食事や飲み物を楽しめ、全座席に電源を備えている。ヴァージン・アメリカはA321neoの商業運航を5月31日に開始する予定。最初に飛行する路線はサンフランシスコ国際空港からロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港間となる。

※2016年12月、ヴァージン・アメリカはアラスカ航空グループと合併

【関連記事】
エアバスA319neoが初飛行--A320neoファミリーの中で最小機種
初便に先駆けANA仕様のエアバスA320neo初公開--A320との違いは?
エアバス最新機A350XWBのすごさが分かる10のポイント - "ライバル機"のボーイング787と徹底比較 (1)
ピーチ、国内LCC初A320neoを10機購入「更なる高い企業努力をもたらす名機」
ピーチの高稼働率の秘密はA320の整備事情にあり! 利益を生むサイクルの現場

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1クマに襲われ?61歳死亡=タケノコ採りの山で-秋田5 5月27日17時43分
  2. 2歯科医や看護師ら4人逮捕=男児わいせつ画像交換-広島県警など31 5月25日19時56分
  3. 3山林に女性遺体=別事件の男「埋めた」供述-死体遺棄事件で捜査・北海道写真2 5月28日20時03分
  4. 4通学路暴走、少年ら2人逮捕=殺人未遂容疑-大阪府警31 5月27日08時59分
  5. 5女子高校生にみだらな行為=容疑で沖縄県警巡査長逮捕11 5月26日18時58分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る