日刊アメーバニュース

マラソン新星・安藤友香、指導はウェットな師弟関係

2017年03月25日 06時00分
提供:デイリー新潮

 低迷が続く日本マラソン界が変わろうとしている。

 3月12日に開催された名古屋ウィメンズマラソンは、新鋭の安藤友香(ゆか)(22)が初マラソン日本最高記録にして日本歴代4位の2時間21分36秒で日本人1位となり、今夏の世界陸上ロンドン大会への切符を手にした。

「優勝したリオ五輪銀のキルワ(32)と最後までトップ争いを繰り広げるなど、内容面も評価されています」

 と大手紙陸上記者が語る。

 安藤に次ぐ3位は同学年の清田真央。実は二人とも「スズキ浜松AC」なるクラブチームに所属している。

 同クラブは、やり投げの村上幸史、十種競技の右代啓祐らオリンピアンが所属していることで知られるが、男女長距離選手も多数在籍している。そして、

「実業団でないこともあり、駅伝よりマラソンを最優先して練習に励んでいる。いわば“反主流”です」

 世界陸上代表は17日に正式決定し、好記録をマークした清田も当選。

「更には男子も、陸上部でなく“マラソン部”を標榜するMHPS(三菱日立パワーシステムズ)の井上大仁(ひろと)、公務員ランナーの川内優輝が代表入りした」

 男女6枠中4枠が“反主流”に占められたのだ。

 変革の波は、指導スタイルにも及んでいる。

「近年は距離を積むより科学トレーニングが主流ですが、安藤らを指導する里内正幸コーチは昔ながらの走り込み重視派。中山竹通を育てた佐藤進氏の門下生で、“厳しさの中にも家族のような温かみのある指導者が私の理想像”なのだとか」

 手の甲に“絶対に諦めるな”とコーチにマジック書きしてもらっていた安藤は、ゴールでコーチに抱きついて号泣した。

「瀬古利彦選手と中村清監督などもそうでしたが、ウェットな師弟関係が復権し、“古き良き時代”へ回帰しつつあるのかもしれません」

 まずロンドン。その先には東京五輪が見えている。

「週刊新潮」2017年3月23日号 掲載


【関連記事】
東京マラソンの最速芸能女子に 福島和可菜は元自衛官
東京マラソン“世界記録”戦略 日本選手は蚊帳の外でも…
女子マラソン増田さん28歳で「骨密度は65歳の女性並み」 生理は止まる! 骨密度は老人並み! 美談ですまない「女性アスリート」過酷の日々(1)
カーリングママ小笠原歩、五輪復活の目
木村沙織、30歳引退 ちょっと危うい前途

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1火でゴキブリ駆除、原因か=3人死亡ビル火災-広島県警64 4月28日20時44分
  2. 2中2男子飛び降り自殺=いじめ調査に「無視された」-仙台41 4月29日17時43分
  3. 3飲食店で火災、1人死亡=客か、他7人搬送-群馬12 4月29日00時19分
  4. 4隣室の男を逮捕=会社寮の殺人-大阪府警9 4月30日11時01分
  5. 5神戸山口組、分裂か=抗争に警戒-兵庫1 4月29日19時43分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る