日刊アメーバニュース

森下仁丹、第四新卒中高年を採用 愉快な出世レース

2017年03月21日 05時58分
提供:デイリー新潮

 忠誠を誓ってきた会社員人生。その来し方に思いを巡らせ、50歳を前にして、もうひと花咲かせたいと野心を持つ人もいよう。

 創業124年。口中清涼剤の“仁丹”で知られる森下仁丹が40代から50代を対象に中途採用を実施している。経済部記者の話。

「中高年の採用を“第四新卒”と名付け、今月1日から募集しています。新聞広告等で大々的に告知。幹部候補数人を採用する予定です」

 実際、1日付の日経新聞では“オッサンも変わる。ニッポンも変わる。”とインパクトある大広告を掲載した(写真)。森下仁丹の広報担当者に聞いてみると、

「通常の中途採用は人材紹介会社を通じて行うところ、今回は新卒のような形でやってみようとなったのです」

 中高年を募集するのには、理由がある。

「弊社は14年前、赤字が30億円、と業績の厳しい時代がありました。主力の仁丹の売上が下がり、それに代わる商品を生み出せなかったからです。その頃、社員の転職が相次いだため、現在、40代から50代の人材が薄くなってしまったのです」(同)

 かつては時代に取り残された伝統ある企業だったが、

「同じ頃、三菱商事を辞めた現在の駒村純一社長が、執行役員として入社。中途採用を増やしていきました」(同)

 さらに、独自の技術である継ぎ目のないカプセル、シームレスカプセルを様々な分野に応用。現在は約104億円の売上に対し、4億円の黒字を出せるまでになった。

「社長がそもそも転職組の上、約300人の社員のうち、半数が中途採用です。出世するのに、派閥うんぬんというものはなく、会社で実績を残せた人が出世します。幹部の多くも中途ですから。のんびりした社風を想像されるかもしれませんが、実際には、創業間もないベンチャー企業のような雰囲気ですよ」(同)

 7日の段階で、応募者はすでに1100人以上。外様から社長を目指すのに、持参してほしいのは熱意だけ……。いざ、仁丹!?

「週刊新潮」2017年3月16日号 掲載


【関連記事】
コンサルが教える「転職で失敗する人」の3つの共通点
なぜ新入社員は毎年「期待ハズれ」なのか――古市憲寿氏が読み解く
ビジネスマンは要チェック! 「とんでもございません」は敬語として正しい? それとも間違い?
上の階から水漏れで部屋が水浸し! 突然のマンショントラブルに有効な7つの心得
おじさんはなぜフィリピンパブにはまるのか 『フィリピンパブ嬢の社会学』で読み解く本音

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1生きている限り償う=手記出版「順序間違い」-加害男性の両親・神戸児童殺傷20年28 5月23日07時02分
  2. 21歳次男の腹蹴る、両親逮捕=意識不明、殺人未遂容疑-兵庫県警29 5月24日12時18分
  3. 3任意聴取の男性死亡=「胸苦しい」と訴え-北海道警4 5月24日11時51分
  4. 4大道寺死刑囚が病死=連続企業爆破事件-東京拘置所写真7 5月24日16時22分
  5. 5DNA型鑑定で親族と血縁=渋谷暴動事件で逮捕の男、書類破棄も-大阪府警1 5月24日12時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る