日刊アメーバニュース

ジミー大西役の中尾明慶、「この人は何を考えているんだろう」資料見れば見るほど悩む

2017年03月21日 14時00分
提供:クランクイン!

 俳優の中尾明慶、小出恵介、間宮祥太朗、画家のジミー大西らが21日、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見に登壇した。映画祭ではジミーの半生記を描く明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』が上映されるが、ジミーは「若(さんま)からは台本も作品も見るなと言われているので、見てないんです。僕、なんでここにいるのかわからないんです」と苦笑いを浮かべた。

【関連】「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見<フォトギャラリー>

 ジミー役には中尾、さんま役には小出が務める。中尾は「オファーを受けたとき、できることならやめたいなと思っていました。資料映像を見せていただいたのですが、見れば見るほど、この人は何を考えているんだろうと悩みましたね」と振り返る。撮影前にはさんまから指導もあったそうだが、「『一応言っとくね。でもやりたいようにやっていいよ』とは言われたんですが、途中からは意識しないようにしました」と明かし、「さんまさんが見てくれた後にメールを送ってくれて、『ホンマにやってくれてよかった』と言われたときはほっとしましたね」と述懐した。

 一方、小出は「悩みましたけど、さんまさんと触れ合えることはないのかもしれないと思って、オファーを受けました」と語り、「さんまさんは『俺とジミーの関係はこうやで、あとはよろしく』と言うだけ。セリフではなくて雰囲気のダメだしがくるんです」とエピソードを明かした。また、「さんまさんを演じているとリズムというか、息を吸うヒマがないんです。吸いながら笑ってるというか、1シーンやってへとへとになる。何せ酸素がなくなる」と話し、笑いを誘う。

 ほか、上映作品『お前はまだグンマを知らない』で主演を務めた間宮は「群馬愛あふれた作品です。原作の方にインタビューした際も圧倒的熱量で群馬愛を語っていただきました」と語るが、司会者から「ちなみに間宮さんのご出身は?」という質問には「横浜です」と即答。「神奈川出身なので、今まで北関東三県のことは考えたことがなかったです」とユーモアを交え、作品をアピールした。

 2009年にスタートした沖縄国際映画祭は、2014年より「島ぜんぶでおーきな祭」と改称、映画のみならず、音楽・ダンス・お笑い・ファッション・アート・スポーツなど、総合エンタテインメントの祭典として、毎年、沖縄県内で上映やイベントなどを実施している。「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」は4月20日から23日まで、沖縄県内約20会場で開催。

■関連記事
「中尾明慶」フォトギャラリー
「間宮祥太朗」フォトギャラリー
武井咲、NHKドラマ初主演! 大河ドラマ『平清盛』以来の時代劇
仲里依紗、夫・中尾明慶を砂に埋めスマイル! 夫婦でハワイを満喫中?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1新婚・佐々木希、褒め言葉を「鵜呑みにしちゃいけない」写真13 4月27日11時00分
  2. 2入院中の小林麻央「約束を守れませんでした」4日ぶりブログ更新写真6 4月29日09時52分
  3. 3悪魔と呼ばれた蒼井優の夫・妻夫木聡が謝罪「うちの嫁が迷惑をかけしました」写真9 4月26日20時02分
  4. 4桑田真澄の次男・Mattが「隠し子疑惑」についてコメント5 4月28日17時20分
  5. 5とにかく明るい安村、不倫騒動で母・兄と疎遠に「家族が離れていきました」写真18 4月27日17時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る