日刊アメーバニュース

米で再生医療の治験で女性が失明 実際には未承認の治療法だった

2017年03月21日 13時00分
提供:J-CASTヘルスケア

米国で、目の病気「加齢黄斑変性」の治験を受けた3人の女性が視力の大幅な低下や失明した事例が米医学誌「New England Journal of Medicine」に掲載され、AFPやニューヨーク・タイムズなど海外メディアが報じた。

「加齢黄斑変性」は加齢によって網膜の中心にある「黄斑」に障害が生じ視力が低下していく病気で、欧米では成人の失明原因の第1位とされ、日本でも最近増えて第4位になっている。

失明原因第1位の眼病を治すはずだったが 2017年3月16日付のAFPによると、被害にあったのは72~88歳の女性3人。2015年にフロリダ州の病院で目に自身から採取した幹細胞を注射する治験を受けた。具体的な治療内容は、腹部から吸引した脂肪内の幹細胞を抽出し、眼球に注射するというもの。

しかし、治験後に3人は眼圧の異常な上昇や網膜剥離、出血などの合併症を発症し、1人は完全に失明、2人は大幅な視力低下と回復の見込みがない障害を負った。

ニューヨーク・タイムズによると、この治験は米国立衛生研究所(NIH)が運営する治験情報ウェブサイトに掲載されており、3人は公的な信頼性のある治験であると考えていたが、実際には政府に承認されておらず、有用性についても議論が行われている段階だった。

NIHの担当者はニューヨーク・タイムズの取材に対し「掲載される治験情報はNIHによる品質保証を意味するものではなく、科学的に妥当であるかどうかは確認していない」とコメントしている。



【関連記事】中小企業の12%、1か月の残業が40時間超 「取引先のからの要望にこたえるため」
山形県で7年ぶり「はしか」患者 自動車教習所で集団感染か
米国風「酢豚にパイナップル論争」 アツアツのピザに載せたくない人
医師国家試験、自治医大は全員合格 5年連続全国1位
米企業、人工培養の鶏肉と鴨肉開発 食感は「スポンジ風」だが味は良い

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1チリツモ大事!「食費の節約テク」主婦460人が実践しているTOP3写真1 5月23日21時00分
  2. 2本当に大丈夫?「円満だから夫婦だけの時間は必要ない」の危うさ写真 5月24日05時58分
  3. 3専業主婦は「させていただく」ものなのか写真18 5月23日20時50分
  4. 4男のホンネに絶句!萎えるのは「ズボンに乗ったお腹のぜい肉」vs「見るに堪えない大根足」?写真6 5月24日12時00分
  5. 5武井壮「幕の内弁当頼むやつはフィジカル弱い」 持論にマツコ賛同写真8 5月23日18時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る