日刊アメーバニュース

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ

2017年03月21日 10時00分
提供:ねとらぼ

「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家の内田康夫さんが、“小説を書き続けることが難しくなった”として、休筆を発表しました。

【拡大画像や他の画像】

 現在82歳の内田さんは、1980年に自費出版した「死者の木霊」が朝日新聞の読書欄で紹介され話題となり、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」で商業デビュー。多くのミステリー作品の中でも、「後鳥羽伝説殺人事件」にも登場したフリーのルポライター、浅見光彦を主人公とする「浅見光彦シリーズ」は、テレビドラマとしても人気を博しました。

 同シリーズの最新作「孤道」は2014年12月から毎日新聞で連載されていましたが、2015年の夏に内田さんを脳梗塞が襲い、左半身に残ったまひのため休載となっていました。

 未完となっている「孤道」は5月12日に単行本が出版予定で、そのあとがきで内田さんは休筆を報告しています。また、自身が「死者の木霊」を見いだされたことを振り返り、“世に眠っている才能の後押し”をするため、「孤道」の完結編を一般公募すること、そして自身も短歌という凝縮した世界でならまだ創作できるとしており、しばらくは短歌でリハビリする考えを示しています。

 なお、完結編の一般公募は3月21日に特設サイトがオープン。自身の情報発信は講談社BOOK倶楽部のWebサイト「内田康夫と早坂真紀の夫婦短歌」で行うとしています。

僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は「これで軽井沢のセンセに、あることないこと書かれなくてすむ」と思うことでしょう。でも、どなたかが僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いてください。 (単行本のあとがきより一部抜粋、ほんのひきだしから)


【関連記事】
将棋・加藤一二三九段の現役引退が決定 翌日の対局では最年長勝利記録を更新する快挙も
じぇじぇ! 引退した企画列車「しおさいのメモリーズ号」が復活 新型車両を使って「あまちゃん」を再現
巨匠がエロ描いて何が悪い! 数十年ぶりに開けられた手塚治虫先生の机からスゴイのが出てきて話題に
ツバ吐きパフォーマンスで親しまれた元プロレスラー・永源遙さん(70)死去 プロレス界から追悼の声続々

経済アクセスランキング

  1. 1宅配ボックス「欲しい」7割超 それでも普及しないワケ写真 6月24日15時33分
  2. 2桃好き注目!キル フェ ボンで「2017 ピーチWeek!」--華やかな桃のタルトが勢ぞろい写真 6月25日11時00分
  3. 3ハワイの人気店が「逆輸入」 表参道に「抹茶カフェ舞妓」オープン写真 6月24日19時11分
  4. 4痩せたい!でも食べたい!ファミマ×ライザップのおいしさと糖質量にこだわった新コラボメニュー7種写真 6月24日19時00分
  5. 5快適度はビジネスホテル級! 「進化型カプセルホテル」6選写真 6月25日07時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る