日刊アメーバニュース

人物補正の基本と実践をしっかり学べる「Photoshopレタッチ・プロの仕事」

2017年03月21日 10時05分
提供:MdN

株式会社エムディエヌコーポレーションは、プロカメラマン必須のレタッチテクニックをまとめた教書「人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事」を3月14日に発売した。B5判/224P/オールカラー/2800円(税抜)。 たとえば、撮影した写真を広告として世に出すためには、写真の「補正」はもちろん、事前のコンセプト作成、プランニングやフォトディレクションが必須となる。本書のメインテーマは「写真の補正」であるが、まずはなぜ画像をレタッチするのか? という、目的・コンセプト・デザインといった、作品ができあがるまでの流れを知ることから、その必要性を説いていく。 なぜ画像をレタッチするのかなぜ画像をレタッチするのか調整レイヤーとの組み合わせ方調整レイヤーとの組み合わせ方 本書は単純にPhotoshopのテクニックのみを紹介するものではなく、デザインプロセスの大きな流れの中における「写真補正」という作業の位置・意義をまず確認し、そして前提となる作業環境や写真・データの基礎、人物に特化した写真の現像・画像操作の基本と応用技術、そしてシチュエーション・目的別の実践テクニックを細かに解説。

現在の人物補正における、知識・技術を徹底的に学ぶことができ、その本質まで深く追究できる実践教書といえるだろう。 トーンカーブの基本を身につけるトーンカーブの基本を身につける逆光で見えなくなった部分を明るく補正する逆光で見えなくなった部分を明るく補正する <本書のおもな内容>
なぜ画像をレタッチするのか?
モニターを調整する
写真の光を見極める
Camera Rawによる現像処理
レタッチを進める手順
Photoshopのカラー設定作業環境
調整レイヤーとの組み合わせ方
選択範囲
トーンカーブを使いこなす
修復系の機能を活用する
CMYK変換
シャープネス
ファイル形式の特性
逆光で暗くなった部分を明るく補正する
人物の顔を選択範囲とトーンカーブで自然に白く
肌のムラをトーンカーブとマスクで修正し、補正の下地を作る
自然な肌への補正と、髪の毛の高度な切り抜きテクニック など 出版社:株式会社エムディエヌコーポレーション
価格:2800円(税抜)
村上良日、浅野 桜、髙瀬勝己、内藤タカヒコ 共著
URL:http://www.mdn.co.jp/di/book/3216303015/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844366424/mdndi-22/
■関連記事
ほぐしたい部分を即直撃!「働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ」 (2017.3.21)
実力をしっかり身につけて合格への近道に!「必ず合格! 色彩検定3級」 (2017.3.21)
新しい塗り絵の世界を楽しめる「切り絵作家 大橋忍のCOLORING BOOK」 (2017.3.15)
知っておきたいWebセキュリティの鉄則「Web担当者のためのセキュリティの教科書」 (2017.3.2)



ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1「Kindle Fire HDをroot化して超読書タブレットを作る(前編)」デジほん11冊目写真 2月01日20時00分
  2. 2『けものフレンズ』のプロデューサー「公式ホームページが落ちました…。」 最終回を目前に盛り上がる 3月28日23時15分
  3. 3民進党・玉木雄一郎議員「辻元清美議員が記者会見する。逃げも隠れもいたしません」とツイートするも会見は行われず41 3月27日14時35分
  4. 4【再録】500円・200円・100円のお買い得弁当まとめ 3月28日22時30分
  5. 5歌って踊るロックバンド「DISH//」実寸大カレンダー発売に「鼻の穴とか細部を見てください」[オタ女] 3月28日23時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る