日刊アメーバニュース

櫻井翔パパは「社長」だった わかりにくすぎる「官僚の肩書」を一挙解説

2017年03月21日 07時30分
提供:デイリー新潮

 小池百合子都知事の話題が多すぎるので、忘却の彼方に消えつつあるが、昨年の都知事選で一時期「有力候補」とされたのが、嵐の櫻井翔さんの父親、桜井俊総務事務次官(当時)であった。世間的には、あまりなじみがない「事務次官」という肩書が、この時ほどクローズアップされたことはなかっただろう。

 「事務」は事務員を連想させるし、「次官」は「2番手」という印象があるので、あまり偉い感じがしないが、キャリア官僚のトップにあたる肩書が「事務次官」。櫻井パパは、所属する総務省では、当時一番偉い人、株式会社にたとえれば「社長」にあたる地位にいたというわけだ。

 事務次官に限らず、官庁の肩書はわかりにくい。

 日本の様々な肩書を研究、分析した「本邦初の本格肩書入門!」と謳った『出世と肩書』の著者、藤澤志穂子氏は、官庁の肩書を理解しやすくするために、一般企業との比較表を作成している。以下、同書で公開している「もしも国土交通省が民間企業だったら」という比較を紹介してみよう(引用は『出世と肩書』より)。

 ***

 霞が関の中でも規模が大きい国土交通省を一般企業になぞらえる。企業はメガバンクなど、司令塔である「持ち株会社」の傘下に実際の業務を扱う「事業会社」がある企業グループをイメージしてほしい。「政務三役」を持ち株会社とし、主たる業務を担う中核事業会社を国土交通省、その配下に観光庁、海上保安庁、気象庁などの「関連事業会社」がある。

【政務三役】持ち株会社
国土交通相(国務大臣)=持ち株会社社長兼事業会社会長、取締役会議長
国土交通副大臣=持ち株会社副社長兼事業会社副会長
国土交通政務官=持ち株会社専務兼事業会社副会長

【官公庁】事業会社グループ
国土交通事務次官=中核事業会社社長
観光庁長官、海上保安庁長官、気象庁長官=関連事業会社社長
国土交通審議官、技監(事務次官級)=中核事業会社副社長
官房長(国土交通省のみ)=専務取締役
局長(国土交通省のみ)=専務もしくは常務取締役、総合商社の部門長
審議官(局付)=取締役執行役員
課長=部長
参事官=部長代理
課長補佐=課長
室長=課長
企画官=課長代理
係長=主任

 ***

 こうして肩書を比較すると、かなり理解が進むが、それにしてもわざと国民からわかりにくくしているのかと勘繰りたくなるくらいである。

 ちなみに、『出世と肩書』によれば事務次官の平均年収は約2300万円。庶民から見れば大変な高給ではあるものの、上場企業の社長と比べた場合には高額とは言えないし、桜井氏の場合は息子よりも安かったと推定される。もっとも「絶対に倒産しない」ことや「天下り後の収入」を考えれば、また話は別になるのだが。

デイリー新潮編集部


【関連記事】
都知事選で注目の櫻井パパ、信託銀行顧問へ天下り
東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」
【田中角栄の殺し文句】相手を待たせた時にどう言うか――プライドをくすぐる「殺し文句」とは
2年前から東芝崩壊を「予見した男」が語る「次にヤバイ企業」
【連帯保証人より恐ろしい婚姻届への判】「女優と青年実業家」との結婚は「玉の輿」婚ではない

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1眞子さまの車が自損事故=走行不能に、けが人なし26 4月27日13時34分
  2. 2火でゴキブリ駆除、原因か=3人死亡ビル火災-広島県警25 4月28日20時44分
  3. 3合法化活動「一線から退く」=医療用大麻の意義主張-高樹被告21 4月27日17時49分
  4. 4「声優のアイコ」懲役10年=昏睡強盗、「別人格」認めず-東京地裁3 4月28日16時19分
  5. 5小泉進次郎こども保険のウラで「下村」「茂木」の綱引き写真 4月29日05時58分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る