日刊アメーバニュース

向井理&斎藤工W主演、池井戸潤『アキラとあきら』連ドラ化

2017年03月19日 06時00分
提供:ORICON NEWS

 俳優の向井理と斎藤工が7月よりスタートする『連続ドラマW アキラとあきら』でW主演することがわかった。人気作家・池井戸潤氏によって2006年から2009年にかけて月刊小説誌『問題小説』(月刊小説刊)に連載された小説が5月31日オリジナル文庫として刊行されるのに合わせて連ドラ化が決定。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(向井)と父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(斎藤)がバブル経済とその崩壊、激動の時代を駆け抜ける2人の姿を描くヒューマンドラマとなっている。

 『連続ドラマW』では『空飛ぶタイヤ』(09年/全5話)、『下町ロケット』(11年/全5話)『株価暴落』(14年/全5話)など池井戸作品を発表し、今回は4作目となるがそのなかでも最長の全9話で制作。昭和から平成にかけ、何かに導かれるように交差する2人の運命のなかで幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。人生のキーワードを盛り込みながらスリリングかつ重厚な人間ドラマを展開していく。

 今回で4回目の共演となる向井と斎藤だが「初めての時は変な人だなって思って見てました(笑)。しっかりと対峙して二人芝居に挑戦するのは本作が初めてで不思議な感じですが、楽しんでやれればと思います」と向井。斎藤も「向井さんは客観性を持っていて良い意味でクールな部分もあり、階堂彬に通じているところがあると思います。また、俳優としての彼の歩みの奥に隠れたうごめくものが同時にあるなと感じています。彼自身がどういう道を歩んできて、そしてどこにいくのか興味がありますし、そうした中で今回、初めて深く関わっていけることはとても楽しみな現場です」と互いに期待を寄せている。

 実際に叔父が銀行員だった向井は「色んな話を聞いて現場に臨んでいます」と準備をしているそうで「また、バブルを境に価値観やファッションなど日本は変わったと思いますが、今回スーツも時代に合わせて太さやディティールにこだわっています。リアリティとエンターテインメントの両方を楽しんでいただけると思います」とみどころを紹介。

 斎藤は「このドラマは2時間に集約できない映画に関わっている感覚がすごくあります。また、根が太くて強いところから始まっているので、風が吹いたり、雨が降ったり、太陽を浴び過ぎても、根がしっかりしている体制の中で臨めるということは現場としてとても幸せです」と充実した様子。「その想いがそのまま作品に宿ると思いますし、日本の特別な時期を描く中で、その時代を見て、ぜひ今と未来が見える体験をしてほしいです」とアピールしている。


【関連記事】
斎藤工、怪奇ホラーアニメのストーリーテラーに “闇の世界”へ誘う (17年03月10日)
【動画】高畑充希、昭和歌謡の名曲をカバー 向井理祖母の半生記『いつまた、君と』主題歌 (17年03月09日)
長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』2018年公開 池井戸潤作品が初の映画化 (17年03月06日)
【動画】斎藤工、独俳優の贈り物に“サンシャイン”で歓喜「空前絶後の喜びです」 (17年02月15日)
斎藤工×高橋一生、旬な2人が“共演” 『blank13』ゆうばり映画祭で最速上映 (17年02月04日)

この記事のコメント

14件を表示 / 4件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1山本耕史、スキャンダル写真が海パン一枚写真12 3月21日21時16分
  2. 2浜崎あゆみ、17年200回の歴史に幕写真20 3月22日00時00分
  3. 3ケンコバ、山本裕典の契約終了に驚き ノンスタ井上引き合いに「これからは遵法精神で…」写真7 3月22日12時50分
  4. 4「カルテット」4人が選んだ結末は…最後までみぞみぞ&まさかの粋なエンディングに視聴者から反響止まらず写真1 3月21日23時59分
  5. 5元祖日本一かわいい女子高生佐山彩香、現在進行系の色気を大胆開放写真21 3月20日18時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る