日刊アメーバニュース

水中で毎時1.5シーベルト=1号機格納容器底1メートル-ロボット投入・福島原発

2017年03月19日 19時43分
提供:時事通信

 東京電力は19日、福島第1原発で溶け落ちた核燃料(デブリ)がたまっているとみられる1号機格納容器底部の水中で、毎時1.5シーベルトの放射線量を測定したと発表した。水中で比較的高い線量が確認されたが、東電はデブリの有無について「今回のデータでは明らかになっていない」と説明している。
 東電によると、毎時1.5シーベルトの放射線量は18日に投入したロボットが作業用足場からつり下げた線量計によって測定。測定場所は格納容器底部から1メートルの高さの水中で、同じ線量を人間が浴び続ければ、5時間弱で死亡するほどの値だった。水は放射線を遮る性質があり、近くに高い線量を出す物が存在している可能性もあるが、原因は分かっていない。
 東電が公表した写真では、水中にポンプのバルブとみられる物も写っていた。格納容器底部に堆積物があるかどうかは不明で、今後周辺の放射線量などを測定し、デブリの有無を調べる。 【時事通信社】

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1愛子さま、中等科卒業=4月から高校生-宮内庁写真12 3月22日11時02分
  2. 2愛子さま、両陛下に卒業を報告写真1 3月22日20時22分
  3. 3「世界の平和を願って」=愛子さまの卒業文集公表-宮内庁写真19 3月22日11時07分
  4. 4障害児死亡で和解=平均賃金から逸失利益算定-大阪地裁7 3月22日19時20分
  5. 5佐渡市財務課長が自殺か=車内に木炭燃やした跡-新潟3 3月21日18時37分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る