日刊アメーバニュース

対北朝鮮で協力重視=米国務長官初訪中、王外相と会談-トランプ・習会談を調整

2017年03月19日 00時12分
提供:時事通信

 【北京時事】就任後初めて中国を訪問したティラーソン米国務長官は18日、北京で王毅外相と会談し、会談後の共同記者会見で、「朝鮮半島の緊張は危険なレベルに達しているとの認識を共有した」と警告した。その上で、「北朝鮮により良い道を選ばせるため、中国と協力していく決意を新たにした」と述べ、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するために中国の役割を重視する姿勢を示した。
 ただ、北朝鮮への強硬策を打ち出したい米国と、対話を強調する中国の足並みはそろっていない。トランプ米政権は、軍事力行使を含む「あらゆる選択肢」を検討して北朝鮮政策の見直しを急いでいる。ティラーソン氏は共同記者会見で、朝鮮半島の非核化を目指した米朝枠組み合意や6カ国協議などの外交的取り組みを念頭に「過去20年間の努力は成功していない」と主張した。
 これに対し、王氏は「すべての関係国は北朝鮮への制裁履行と同時に対話を再開しなければならない」と指摘。緊張緩和に向け、米国も含めた関係国の自制が必要との立場を改めて示した。
 新華社電によると、王氏は米中首脳会談実現のため、米国と緊密に連絡を取り合っていると明らかにした。米中両政府は4月にも習近平国家主席が訪米し、トランプ米大統領との初会談に臨む調整を本格化させる意向だ。 【時事通信社】

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

海外アクセスランキング

  1. 1元駐ベトナム大使の息子か=国際手配の容疑者-正男氏事件1 3月22日19時00分
  2. 2学校空爆で33人死亡=有志連合攻撃か-シリア1 3月23日00時42分
  3. 3ロンドンでテロ、4人死亡=イスラム過激思想影響か-実行犯射殺、英国会近く写真10 3月23日10時40分
  4. 4幸福ランキング、日本51位=最も幸せなのはノルウェー-国連報告書39 3月21日06時05分
  5. 5政権批判の元ロシア議員射殺=「国家テロ」とウクライナ 3月24日00時21分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る